内藤哲也と真田聖也が初対決「次は1対1だ」、「シングルやりたい」【2012.7.1】

新日本プロレス・振り返りNo.155

今回は2012年7月1日の内藤哲也選手&真田聖也選手!

タッグマッチ

内藤哲也 

vs

真田聖也

× タマ・トンガ
〇 ジョー・
ドーリング
レボリューション
ボム

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2012年7月1日・ 新日本プロレスリング&全日本プロレスリング創立40周年記念大会・サマーナイトフィーバー in 両国・We are Prowrestling Love! のタッグマッチ。

第1回オールトゥギャザー第2回オールトゥギャザーでタッグを組んだ内藤哲也選手と真田聖也(現:SANADA)選手が、初めて対角線のコーナーに立った一戦。

二人が肌を合わせた時間こそ短かったものの、実力を確かめ合うようにスピーディーな攻防を展開。

最後はジャンピングエルボーアタックを狙った内藤選手を、真田選手がカウンターのカッターで迎撃。

試合もジョー・ドーリング選手がレヴォリューションボムで制して、待望の初対決の軍配は真田選手に上がりました。

そして試合後、二人はシングルマッチでの再戦を希望。

真田「やる前まで、内藤選手というのがわからなかったんですけど、やってみたら、凄い気持ちよかったですね。タッグでやるのが、もったいないっていうか、今日がもの足りない感じでしたね。シングルやりたいですね
(中略)
内藤「ちょっとタマには申し訳ないことしちゃったな。真田ばっかり見ちゃって。ただ、真田!やっとできた。やっと闘えた。俺の目に、狂いはなかったかな。ま、プロレスは闘いだけどな。なんか今日、スッゲー楽しかった。こんな感覚で試合したのひさびさかな。真田に感謝しますよ。幸い、向こうもやる気があるみたいなんで。これだけじゃ終わらせないぞ。次は、1対1だ。ジョー・ドーリングも俺に興味あんの?なんぼでもかかって来い。新日本プロレスの俺が相手にしてやるよ?」(引用:新日本プロレス公式サイト

しかし、その後二人がリング上で交わることなく4年が経過。

2016年4月、真田聖也選手はSANADAとして電撃的にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに加入することになります。

そしてさらに2年後、この初対決から6年後の2018年8月にようやく待望の初シングルが実現しました。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA