NYDで新展開!鈴木みのるが上村優也にお年玉、タッグ戦線は鈴木軍対BC【新日本プロレス・2021.1.6・PART1】

新日本プロレス・2021年1月6日・ニューイヤーダッシュ2021・TOKYO DOME CITY HALL大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

関連:新日本プロレス・試合結果・2021.1.6・ニューイヤーダッシュ2021・東京

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

上村 / みのる

2020年の総決戦となるWK15・東京ドーム2連戦が終了して、新日本プロレスはニュイーイヤダッシュ2021から新たな闘いが始まりました。

まずはヤングライオン・上村優也選手と鈴木軍のボス・鈴木みのる選手。

鈴木「(薄ら笑いを浮かべながら)クソガキが。お前、もしかして俺のこと踏み台にしようとしてんだろ?小僧(笑)
DOUKI「ハハハハハ!
鈴木「100年早え……いやいやいやいや、3日早え。よし、決めた。俺からのお年玉を上村にあげよう。今すぐやろう。続きだ。ぶち殺してやる……。俺に常識なんて通用しねえんだよ。俺に、お前らの持っている普通、当たり前は通用しねえんだよ。さあ、今すぐやろうぜ、上村!ぶち殺してやるよ!どこ行った?おい、どこだ?ここか?(と言いながら、どこかへと消え去る)
(中略)
上村「(一度床に倒れたものの自力で膝立ちとなり)負けてたまるか……。鈴木!今日が始まりだ!(立ち上がって)覚えとけ、こんの野郎! ぜってえ倒してやるよ!

以前から上村優也選手はシングルマッチで闘いたい相手に鈴木みのる選手の名前を挙げてきましたが、ついにその思いが届いた模様。

上村優也選手も今年でデビューから3年が経過、待望の鈴木みのる選手とのシングルマッチでヤングライオン卒業か?

タッグ戦線

タッグ戦線は鈴木軍とバレットクラブの抗争に突入。

鈴木軍(デスペ&金丸)が保持するIWGPジュニアタッグ王座に、バレットクラブの石森太二選手&エル・ファンタズモ選手が挑戦表明。

石森「言いたいことわかるでしょ?デスペ、金丸、お前らのベルトに挑戦させろ。いい返事、待ってるぞ
(中略)
金丸「(先にコメントスペースにやって来て)ああ、ああ……。おい、なんか入ってんだろ、あいつの靴の中よ

エル・ファンタズモ選手のスーパーキックを食らった金丸義信選手はなんか入ってんだろ、あいつの靴の中と抗議。

先日の高橋ヒロム選手もアイツは何か反則をしている。調べてくれと抗議していたため、やはりエル・ファンタズモ選手のブーツには何か仕掛けが隠されているようです。

続いてIWGPタッグ王座戦線は、前王者のデンジャラステッカーズ(タイチ&ザック)がG.O.Dにリマッチを要求。

タイチ「おい、どこやった?おい、どこやった?(と言って、空のアイアンフィンガーのケースを手に持ち)これを使った責任、これを持っていった責任、てめえらのその命で償ってもらうぞ、この野郎。人の道具使って、あいつの命を使って手に入れたベルトが、そんなにうれしいか?てめえらがベルト持ってたって、誰も喜ばねえんだよ。お前らの家族だけだよ、喜んでんのは。俺らがどんな思いであのベルトを持ってやってやったか、てめえらのためによ。あんなクズどもに。いや、クズに失礼だな。ふざけんな。おい、やらせろ。もう一回やらせろあんな終わり方で、俺らが負けましたって言うか。やらせろ。人の道具使ってんだったらやらせろ。もう一回だ。リマッチだ

WTL2020に続いてWK15でもアイアンフィンガーに沈んだタイチ選手はてめえらのその命で償ってもらうぞと怒りが収まらない様子。

IWGPタッグ王座のリマッチは壮絶な一戦になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA