ドラゴン・リーが「リュウ・リー」に改名&新日本プロレス参戦表明!【新日本プロレス・2019年12月】

元CMLLのドラゴン・リー選手がリングネームをリュウ・リーに変更!

2019年9月、CMLLがドラゴン・リー選手と兄ルーシュ選手を解雇

その後、二人はメキシコ・クラッシュやアメリカ・ROHなどを転戦。

そして12月1日にAEWの提携団体・AAAに参戦すると、ドラゴン・リー選手はAEW副社長ケニー・オメガ選手が保持するAAA世界ヘビー級王座に挑戦しました。

今後の動向が注目されるなか、本日12月8日、ドラゴン・リー選手がVTRで新日本プロレスに登場

リングネームをリュウ・リー」( Ryu Leeに変更、さらにレッスルキングダム14で現役引退する獣神サンダー・ライガー選手に対戦要求!

日本のファンのみんな、こんにちは。ドラゴン・リー改めリュウ・リーです。僕からリビングレジェンド獣神サンダー・ライガー選手にメッセージがあります。ライガーサン、僕の友人になってくれてありがとうございます。あなたは私の模範となる人物です。他の選手やファンにとっても同じだと思います。僕は心から…あなたが世界中のプロレス界のヒーローだと思っています。世界中のファンがあなたの功績を称賛しています。もうすぐ引退されることも知っています。あなたと同じリングに立てれば本当に光栄です。最後にあなたと闘いたいと思っています。そしてファンのみんな、いつもアリガトウ。ガンバッテ

このメッセージを受けて、獣神サンダー・ライガー選手は首の怪我から復帰した高橋ヒロム選手を含めた対戦を提案。

もし3WAYマッチになれば、高橋ヒロム選手との再戦を希望していたドラゴン・リー選手にとっては願ってもない展開。

しかし獣神サンダー・ライガー選手は二人まとめてかかって来いと返答したため、獣神サンダー・ライガー&X組 vs 高橋ヒロム&リュウ・リー組のタッグマッチの可能性もあり。

新日本プロレスは二人の要求を受け入れるのか、レッスルキングダム14の追加対戦カード発表をお待ちください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA