モクスリー「テキサスデスマッチ」とは?後藤「いつでもやってやる」【新日本プロレス・2019.12.8・PART1】

新日本プロレス・2019年12月8日・ワールドタッグリーグ2019・最終日・広島グリーンアリーナ大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.12.8・ワールドタッグリーグ2019・最終戦・広島【オープニングVTR】

後藤洋央紀

後藤「オイ!
※ここで突然、後藤がバックステージに登場し、KENTAの胸板にミドルキック発射。さらに、横たわったKENTAの上に馬乗りになってエルボーを連射。KENTAをグロッギー状態にさせる。
後藤「いつでもやってやるぜ、コノヤロー!!

NEVER無差別級王者・KENTA選手からの彼の返答を待つのみという発言を受けて、後藤洋央紀選手がバックステージで突如襲撃!

これまではKENTA選手が抗争の主導権を握り続けてきましたが、シリーズ最終戦、しかもファンが見てない場所でグロッギー状態にさせられる屈辱を味わわされました。

後藤洋央紀選手はいつでもやってやると話しましたが、決着戦の舞台はレッスルキングダム14(東京ドーム)になりそうです。

テキサスデスマッチ

あのベルトは航空会社に奪われたんだよ。俺がアーチャーを怖がっているなんて言うのは愚か者だけだ!スズキグンの筋肉担当であろうが俺はアイツを恐れることなどない!1つの小さなミスで奪われはしたが、あの試合でのスリルを知ってしまった。だからこそタフガイたちが戦い抜いてきた“テキサス・デスマッチ”でアイツと戦ってやる。そして最後までリングの上に立っていた者がベルトを獲得するんだ!
(※いったん控室に戻っていったが、引き返してきて)
モクスリー「それと、USヘビー級のベルトを取り戻したら、次はジュースだ。あいつと決着をつけてやる!

フライトの都合により両国大会(10月14日)を欠場したジョン・モクスリー選手はIWGP USヘビー級王座を返上。

10月以降はAEWでの活動に専念してきたジョン・モクスリー選手が、約4カ月ぶりに新日本プロレスに登場!

現US王者ランス・アーチャー選手(&鈴木みのる選手)にDDTを決めて、レッスルキングダム14でのテキサス・デスマッチによるUSヘビー級王座戦を要求しました。

テキサス・デスマッチは反則裁定なし、場外リングアウトなし、ノックアウト(10カウント)により勝敗を決するデスマッチ。

そしてテキサス・デスマッチの最大の特徴が、まずピンフォール(3カウント)を奪わないと、ノックアウト(10カウント)のカウントが始まらないというルール。

この動画のように、まず相手から3カウントを奪い、さらにその後も相手が10カウント以内に立ち上がれないほどのダメージを与えなければならない。

まさにタフガイたちのための試合形式。

また過去に日本でジャイアント馬場さんが出場したテキサス・デスマッチではどちらかがノックアウトされるか、ギブアップするまで闘うとルール説明されています。

今回のテキサス・デスマッチではどちらのルールが採用されるのか、新日本プロレスからの正式発表をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA