CMLLがルーシュとドラゴン・リーを解雇!兄弟ミスティコはCMLL残留?ルーシュの新リングネームは?【CMLL・2019年9月】

CMLLがロス・インゴベルナブレスのルーシュ選手と前IWGPジュニアヘビー級王者ドラゴン・リー選手を解雇!

色々な噂・憶測が飛び交っていますが、現時点で選手・団体から発表されている情報をまとめておきます。

2019年9月27日、ルーシュ選手はDBD2019でROH世界王座を獲得

すると試合後、ルーシュ選手は父親のピエロー(ベスティア・デル・リング)選手とともにインディシーン参戦を宣言!

ピエロー
長男ルーシュ
次男ミスティコ
三男ドラゴン・リー

その約1時間後、CMLLがルーシュ選手とドラゴン・リー選手の解雇を正式発表しました。

また、ファンからルーシュたちに続くの?と質問されたミスティコ選手は幸運を祈ると回答。

現時点でミスティコ選手はCMLL残留が濃厚です。

その後、CMLLの競合団体であるクラッシュ( Crash )や KAOZ がエルトロブランコ( El Toro Blanco =白い猛牛)という名前でルーシュ選手の参戦を発表!

ルーシュドラゴン・リーの権利はCMLLが保持しているため、新たなリングネームが決まるまでニックネームのエル・トロ・ブランコとして活動していく模様。

以上ですが、個人的に気になるのは新日本プロレスとの関係。

新日本プロレスはROH(アメリカ)・RPW(イギリス)・CMLL(メキシコ)と提携関係にあるため、CMLLを解雇されたルーシュ選手とドラゴン・リー選手の新日本プロレス参戦は難しいかもしれません。

ただドラゴン・リー選手は怪我をさせてしまった高橋ヒロム選手との再戦を熱望しており、この一戦だけはなんとしても実現させてもらいたい。

今後、ルーシュ選手とドラゴン・リー選手はROHに出場しながらメキシコのCMLL以外の団体に参戦する見込み。

急展開を迎えたムニョスファミリーですが、ルチャリブレ・プロレス界でのさらなる活躍に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA