小島聡「この団体には、俺に勝てる人間はいないのでしょうか? 」【2010.12.12】

【新日本プロレス 振り返りNo.49】

今回は小島聡選手と棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

スペシャルシングルマッチ

× 後藤洋央紀vs〇 小島聡
ラリアット

2010年12月12日・愛知県体育館大会、IWGPヘビー級王座挑戦をアピールし続けてきた後藤洋央紀選手が、ノンタイトルマッチながら王者・小島聡選手とシングルマッチで対戦!

関連:試合詳細(新日本プロレス公式サイト)

結果は小島聡選手がラリアットで勝利!

外敵としてG1 CLIMAX20優勝、そのまま真壁刀義選手を倒してIWGPヘビー級王座を奪い、中邑真輔選手を退け、そして後藤洋央紀選手も倒した小島聡選手はまさに敵なしの状態。

名古屋の皆様、お久しぶりです。第55代IWGPチャンピオンの小島聡です! この団体には、俺に勝てる人間はいないのでしょうか? いないのなら、まあ、まあ、まあ、まあ、俺がずーっとチャンピオンでいるから安心して下さい。そして、俺が新日本プロレスのエースとしてやって行こうと思 います。これで誰にも文句を言わせない

…と言う小島聡選手のもとに、同日のセミファイナルで勝利した棚橋弘至選手が登場!

オイ、小島ー! そのベルトはな! 必ず俺が取り戻すからな!

この挑戦表明を受けて、 2011年1月4日・レッスルキングダム5・東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座戦が決定!

棚橋弘至選手の一生かけて新日本プロレスに恩返ししていくという言葉、翌年2011年の活躍、そして2012年以降のオカダ・カズチカ選手との抗争、そして現在の身を粉にして働く姿を知っている状態で聞くと、より心に響くものがありますね…

それから現在では、10月の両国大会で翌年1月4日・東京ドーム大会のIWGPヘビー級王座戦の対戦カードが決定するが、以前は12月までイッテンヨンの対戦カードが決定しないというのも当たり前だった。

対戦カードの決定は早い方がいいのか、ギリギリまで決まらない方が面白いのか、どちらにも良し悪しがあるので難しい。

最後に、いつも書いていますが、新日本プロレスワールドのアーカイブをもっと増やしてもらえないものだろうか…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA