内藤哲也「お客さんに伝わるレスラーになりてぇ。ただ、棚橋戦に関しては…」【2010.12.12】

【新日本プロレス 振り返りNo.48】

今回は内藤哲也選手!

スポンサーリンク

スペシャルシングルマッチ

〇 棚橋弘至
ハイフライフロー
vs× 内藤哲也

2010年12月12日・愛知県体育館大会、2010年だけで4度目、通算5度目となる一騎打ちが実現!

棚橋弘至選手がハイフライフローで勝利し、通算3勝1敗1分と差を広げた。

試合詳細(新日本プロレス公式サイト)

試合後、敗れた内藤哲也選手は自身のプロレスラーとしての理想像と、憧れの棚橋弘至選手への想いをこぼした。

内藤「俺の目指してる所は、もちろんベルトとか欲しいけど、そういう事じゃねぇんだ。お客さんに伝わるレスラーになりてぇって(思う)。ただ、ただ、棚橋戦に関しては、棚橋を倒す事の方が最優先なんだよ。今日はこれだけ声援をもらって嬉しいけど、負けてしまった事が悔しいっすね。いいチャンスだったのに。今日勝てば、ドームのメインも夢じゃなかったのに。一気に脱落か。また、棚橋やろうよ。俺、棚橋認めてっからね。またやろうよ、棚橋

お客さんに伝わるレスラーになる、そして棚橋弘至選手に関しては倒す事の方が最優先という目標を掲げた。

目指す所はベルトよりもお客さんに伝わるレスラーになる事という言葉は、現在の内藤哲也選手の姿勢と重なる部分もあって感慨深いですね。

ただ当時はこの二つの目標を成し遂げるのに2017年までかかるとは考えもしなかっただろうな…

レッスルキングダム11で棚橋弘至選手にとどめを刺し、今では誰よりもお客さんに伝わるレスラーとなった内藤哲也選手。

次はドームのメインに立つというプロレスラーになる前からの夢を叶え、新たな夢に向かっていって欲しいと思います。

関連:日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA