高橋広夢のデビュー戦!【2010.8.24】

【新日本プロレス 振り返りNo.41】

今回はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの高橋ヒロム選手!

スポンサーリンク

2010.8.24 新木場1st RING

〇 三上恭佑
逆エビ固め
vs× 高橋広夢

新日本プロレスが若手育成を目的にスタートした新プロジェクト NEVER 第1回大会の第1試合。

同期入門の三上恭佑選手、キング・ファレ選手に続き、3人目の新人・高橋広夢選手がデビュー!

2009年5月に入門してデビューまで1年3カ月を要しました。

結果は三上選手が逆エビ固めで勝利!

広夢選手と同期入門の三上選手に、5カ月のキャリアの差を見せつけられる形になりました。

悔しいです!三上……同期なのに、こんなに差があって、情けないです。でも、絶対あきらめません!自分の夢だったんで、新日本プロレスでプロレスをして、ベルトを獲って一番になるのが自分の夢だったんで。親にもこんないい名前をつけて頂いたのに、申し訳なく思ってます。完全に自分の力不足でした。絶対にいつか三上やファレじゃなくて、もっと上の選手にブツかって、思いっきりブツかって、絶対勝ちたいと思います!(引用:新日本プロレス公式サイト

この日、IWGPを巻いてゴールデンタイムで試合する」、「ジュニアを巻いて、ヘビーのベルトを巻くという大なへの第一歩を踏み出しました。

そして約7年後の現在、ヒロム選手がどんな様子かは皆さんもご存じの通り。

ヤングライオンの頃はすべて演じてましたと言っていますが、どちらもヒロム選手にとって嘘偽りない姿。

私は、いつかヒロム選手が自身の夢を叶える日が訪れたら、その時にようやくヒロムから広夢にリングネームを戻すのではないかと思っています。

夢が叶うその日まで、ヒロム選手からは片時も目が離せません!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA