三上恭佑のデビュー戦の相手は田口隆祐【2010.3.7】

【新日本プロレス 振り返りNo.31】

今回は消息不明の三上恭佑選手!

スポンサーリンク

2010.3.7 アクトシティ浜松

◯ 田口隆祐
逆エビ固め
vs× 三上恭佑

吉橋伸雄(当時)選手のデビューから約1年7ヶ月ぶりに新人がデビュー!

三上恭佑選手は身長制限、年齢制限が撤廃された年の入門テストに合格し、吉橋選手と同じく26歳で遅咲きのデビュー戦となりました。

対戦相手は田口隆祐選手、結果は逆エビ固めで田口選手の貫禄勝ち。

試合後、田口選手は三上選手をジュニアヘビー級に勧誘。

“”見ての通り、タッパはないんですけど、ガッシリして腰が低いんでね。重かったですね。僕にとってはイヤなタイプの若手が現れたなと。Jr.でやってもらいたいですね。人手が足りないんで。””

未来の新日ジュニアでの活躍を期待されていた三上選手ですが、メキシコ・CMLLへの海外遠征以降は消息不明。

どこへ失踪してしまったのか分かりませんが、新日本プロレスの選手プロフィール一覧に名前がないので、おそらく退団してしまったんですね…

今の新日本プロレスに三上選手がいたらどんな選手になっていたのだろうか。

スポンサーリンク

最後に、三上選手には全く関係ありませんがこんな動画を置いておきます。

2度もIWGPジュニアヘビー級王座を戴冠している田口選手に向かって「チャンピオンの品格がない」とは失礼な言い方!

現在のエル・デスペラード選手は他所の団体に目が向いているようです。

ライオンズゲートに目を向けるのも悪いとは思いませんが、田口選手との絡みにも期待しています!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA