キング・ファレのデビュー戦!【2010.4.4】

【新日本プロレス 振り返りNo.34】

今回はBULLET CLUBのバッドラック・ファレ選手!

スポンサーリンク

2010.4.4 後楽園ホール

◯ 中西学
アルゼンチンバックブリーカー

vs

× キング・ファレ

新日本プロレスは、当時練習生だったファレ・シミタイトコ選手のプロデビュー戦に向けて、ファンからリングネームを募集。

約500通の応募から、「キングオブスポーツの精神をもって、日本だけでなく世界のキングになることを目指す」、「強さの象徴となるべく、トンガ王国の代表として誇り高く戦う」という願いが込められた、キング・ファレというリングネームに決定!

ちなみに棚橋弘至選手がタナポ#00で提案したトコ・ジョーズは不採用。

同期の3人(三上恭佑、キング・ファレ、高橋広夢)の中で2番目のデビュー戦を迎えました。

2009 couple days after I entered the New Japan Dojo

Toks Faleさん(@toksfale)がシェアした投稿 –

対戦相手は憧れの選手である中西学選手。

ファレ選手もサイズでは全く見劣りしないものの、結果は中西選手がアルゼンチンバックブリーカーで完勝。

中西選手の試合後コメントがなかなか胸に染みる。

“”中西「ふぅ〜っ。ボーッと相手を見ているヒマはないぞ、おまえ!離れていてもどんなときも、闘いは一個も休みなんかないんやぞ。一休みなんてないんやぞ?相手を目で殺せ!技をかける前にまず自分の気持ちでぶつかって行く!それがなかったらアカンぞ!今日は精一杯かもしれへん。でも、これでメシ食っていくんやからな?お客様からお金をいただいて、生きていくんやからな!それだけは忘れんなよ?できるできひんちゃうぞ?自分がやろうとする努力を見せろ!…まだまだこれからやな?」””

気持ちでぶつかって行く、出来る出来ないじゃない、努力を見せろと、まさに若手選手の姿勢そのもの。

これってプロレス以外でも同じですね、出来る出来ないではなく努力を見せろと、まるで自分に言われているようで気が引き締まりました。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA