内藤「海野はちゃんと理解してる?」、真壁「俺は『G1』はずれた男」【新日本プロレス・2019.6.24・PART1】

新日本プロレス・2019年6月24日・キズナロード2019・八戸市東体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

真壁刀義

真壁「オイ、新日本プロレスさんよ、俺は『G1』はずれた人間だ。初めてコメントするぞ。オイ、EVIL、SANADAいるだろ。あとだ、鷹木。面白いじゃねえか、テメエら。なんでもいい。新日本プロレスに言っとく。なんでもいい。オイ、一騎打ち組め、この野郎。あいつらによ、本物のレスラーの怖さを教えてやっからよ。今シリーズ通してよ、あんななめられたことねえぞ。オイ、昔からの記者ならわかるだろ?俺がほんとに怒ったら怖いの、わかってんだろ?あいつらにわからせてやる。言いたいのはそれだけだ

7月7日に開幕するG1クライマックス29出場メンバーから外れた真壁刀義選手が、G1落選について初めて言及。

もちろんG1落選に納得しているはずもなく、L・I・JからエントリーされたEVIL、SANADA、鷹木にシングルマッチを要求!

しかし本日25日のシリーズ最終戦はもちろん、週末のオーストラリア大会、そして来月のG1まですでに全対戦カードが発表済み。

真壁刀義選手の希望がすぐに実現する見通しはありませんが、G1以降のL・I・Jとの抗争に向けた布石になるかもしれません。

1年以上シングル王座戦線から遠ざかっている真壁刀義選手の逆襲に期待!

内藤哲也

内藤「俺と連日対戦できることがどれだけのチャンスなのか。海野はちゃんと理解してる?もし、組まれている試合をただこなしてるだけなら、彼に未来はないだろうねなぜデスティーノではなく、バレンティアを(フィニッシュに)選択したのか、よく考えることを俺はお薦めしますよ。じゃあ、明日は仙台でお会いしましょう。アディオス

海野翔太選手からNJCのこと忘れんなと噛みつかれた内藤哲也選手が、通常のフィニッシュホールドのデスティーノではなくバレンティア」(垂直落下式ノーザンライトボム)で勝利。

なぜあえてバレンティア(スペイン語で勇気・勇敢・度胸)を選択したのかよく考えるようにとメッセージを残しました。

元々この技は、内藤哲也選手がなにが足りないかをいろいろ考えたときに生まれた技。

つまり連日の対戦で敗れている海野翔太選手にもっと勇敢に向かって来いというメッセージに加えて、なにが足りないかをもっとよく考えるようにというメッセージも隠されているのかもしれない。

海野翔太選手が海外遠征に旅立つ日もそう遠くないと思いますので、日本で内藤哲也選手と連日対戦できるチャンスを未来への糧にしてもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA