八木哲大が退団【新日本プロレス・2018年10月】

新日本プロレス・八木哲大選手が退団。

スポンサーリンク

新日本プロレスより正式発表。

右腕尺骨骨折により負傷欠場中の八木哲大選手の退団が決定。

関連:八木哲大が負傷欠場&ドラゴン・リーも負傷【新日本プロレス・2018年4月】

八木選手は、このたび一身上の都合により、プロレスラーとして引退を決断し、会社との話し合いの結果、新日本プロレスを退団することとなりました。
八木選手は、2017年5月7日に新日本プロレスにてデビュー。恵まれた体格からヘビー級戦士として将来を期待されておりましたが、本人の希望により、すでに新しい目標に向けてスタートをきっております。(引用:新日本プロレス公式サイト

本人はもちろん、新日本プロレス入団のキッカケとなった棚橋弘至選手も悔しいでしょうね…

関連:八木哲大と棚橋弘至【新日本プロレス・2017年10月】

海外からどんどん新たなヤングライオンもやって来ますが、やはり生え抜きの日本人がいなくなるのは寂しいものがあります。

負傷欠場中の金光輝明選手と北村克哉選手の復帰もSNSは更新していますが、復帰はまだかな…

関連:ファレ道場卒業生4名が新日本プロレス道場に加入【新日本プロレス・2018年9月】
関連:ロサンゼルス道場のヤングライオン4名【新日本プロレス・2018年9月】

新しい目標に向けて歩み始めた八木哲大選手の成功を願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA