《追記》高橋ヒロムの首負傷直後のバックステージの様子【新日本プロレス・2018年7月】

新日本プロレス・高橋ヒロム選手の首負傷直後のバックステージの様子をご紹介。

スポンサーリンク

2018年7月7日、G1スペシャル in サンフランシスコで高橋ヒロム選手は首を負傷。

試合後に現地の病院で精密検査を受ける事態となりました。

関連:高橋ヒロムが首を負傷?【新日本プロレス・2018年7月】

その後、無事日本に帰国したという報告はありましたが、高橋ヒロム選手の容体に関するニュースはありませんでした。

そんな高橋ヒロム選手選手に関して、内藤哲也選手が今週の週刊プロレス No.1967で試合後のバックステージの様子を明かしました。

内藤 オレだけ控室じゃなく、入場ゲートのすぐ裏のモニターで見てたんですけど、あの技を食らった瞬間は「あ、いったな」って思いました。ゲートの真裏にいたから、ヒロムくんが戻ってきて最初に「大丈夫?」って話しかけたんですけど、首が回らないから正面向いたまま「やっちゃいました」と言ったのを聞いて、これはヤバいなと思って、先に走ってトレーナーの先生を呼びにいって。
パレハ そういう状況だったんですね…。
内藤 それで彼が救急車で運ばれて、そのあとはまだ会えてないんですけど、LINEでやりとりはしてます。向こうは「申し訳ございません」とか「すみません」ばっかりなんですけど、コッチがかけられる言葉は「ケガはしょうがないから、ゆっくり休んで」っていう言葉しかなくて。(引用:週刊プロレス No.1967・内藤哲也の手のひら返しdeあっせんなよ)

ツイッターや選手日記では弱気な言葉を吐きませんが、やはり相当堪えている様子。

ファンが出来ることは、高橋ヒロム選手の信じて待つことのみ。

最後に内藤哲也選手から高橋ヒロム選手へのメッセージもありますので、気になる方は今週の週刊プロレス No.1967を是非ご購読ください。

追記
ハロルド・メイ社長が入院中の高橋ヒロム選手の様子を明かしました。

先日髙橋ヒロム選手のお見舞いに行ってきました。首を負傷してしまいましたが他は元気でいつもと変わらないヒロム選手でした。前回お見舞いに行った時に「入院中もプロレスを観たい」と言っていたので大型テレビモニターとファイヤースティックを会社で購入し、病室に(病院の許可を得て)彼にサプライズで設置してきました。映画やテレビも大きな画面で観られるのでとても喜んでくれました。「新日本プロレスワールド」、ヒロム選手も観ていますよ!ケガをすると「プロレスからしばらくは距離をおきたい」という考え方もあるかと思うのですが、ヒロム選手はすでに前を向いて頑張っています。強くてストイックでかっこいい男だと思います。選手としてだけでなく人間的にもとても魅力的な人物です。ヒロム選手の好物のプリンも持って行きましたよ。(引用:新日本プロレス公式サイト

高橋ヒロム選手が入院中もプロレスを観ることが出来るように大型テレビモニターとファイヤースティックを設置したということは、まだしばらくは入院生活が続きそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA