内藤哲也「行き当たりばったりのカードはなくすべき」【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレス・内藤哲也選手が旗揚げ記念日のマッチメイクを批判!

スポンサーリンク

2018年3月6日・旗揚げ記念日・大田区総合体育館大会、内藤哲也選手はシングルマッチでタイチ選手と対戦。

関連:新日本プロレス・2018.3.6・旗揚げ記念日・大田区総合体育館大会の全対戦カード決定!

内藤哲也選手はタイチになんか構ってるヒマないと、タイチ選手からの再戦要求を拒否していたにもかかわらず組まれてしまった一戦について、改めて不満をぶちまけました。

内藤はこのマッチメークに対し「俺にケツを叩かれたとはいえ、実際に行動に出たタイチに関してはある程度評価してますよ。ただ、新日本はあれだけでシングル組んじゃうの?って疑問はありますよね。俺、2年連続プロレス大賞MVPだよ?しかもタイチにはこの前勝ったばっかりなんだけど?」と不満を示した。1・4東京ドーム大会のIWGPヘビー級戦で敗れて以降は、タイチ、YOSHI―HASHIと王座戦線と無関係のシングル戦が続いている。団体内で狙われる立場なのは重々承知だが、対戦要求のたびに応じていてはキリがない。
例えばタイチは、YOSHI―HASHIに勝てたら内藤に『挑戦』でもよかったんじゃないの?やみくもに内藤とやらせろ、やっぱり勝てませんでしたでファンの期待を裏切り続けてたら、彼らが潰れちゃうよ。新日本も選手のためを思うなら、行き当たりばったりのカードはなくすべきでしょ」と、延々と批判を展開。(引用:東スポweb

内藤哲也選手にとってメリットの小さな一戦だが、3月9日から開幕する NEW JAPAN CUP 2018出場を目指すタイチ選手にとっては重要な一戦。

タカタイチマニア以上の試合を見せ、内藤哲也選手の余裕のある態度を覆させることが出来るのか。

多くのエントリー候補選手からたった16名の枠を勝ち取るためにも、タイチ選手にはこの一戦で大きなインパクトを残してもらいたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA