BUSHI「自分からマスク取るようなお笑いは要らない」【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレス・BUSHI選手が高橋ヒロム選手とエル・デスペラード選手の会話に参加!

スポンサーリンク

2018年3月6日・旗揚げ記念日・大田区総合体育館大会のIWGPジュニアタッグ王座戦に出場する高橋ヒロム選手とエル・デスペラード選手のやり取りに、今度はBUSHI選手も参加!

関連:続・高橋ヒロム&エル・デスペラード【新日本プロレス・2018年2月】

こんなの送るつもりはなかったからさ、とんだとばっちりだよ。いっつもマスク破かれたり剥がされたりしてる唐揚げ屋にも言っておけ?はぁ?お前、去年のIWGPジュニアのタイトルマッチで、自らマスク取ったあの情けな~い作戦は何だったんだよ。笑わせんなよ。大田区の3WAYのタイトルマッチで、また自分からマスク取るようなお笑いは要らないからさ。お願いだから邪魔だけはすんなよ。エンセリオ!まじで!

エル・デスペラード選手からのいっつもマスク破かれたり剥がされたりしてるという言葉に、自らマスクを脱ぐマスクマンが何を言っているんだと反論。

BUSHI選手の言う所の情けな~い作戦とは、2017年9月16日・広島大会でエル・デスペラード選手が自らマスクを脱いでKUSHIDA選手に投げ渡し、レフェリーの注意をそらした作戦のこと。

この作戦は、4カ月前のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア24の田口隆祐選手との公式戦で成功させていたが、タイトルマッチという大一番で勝利に繋げることが出来なかったエル・デスペラード選手の作戦をお笑い扱い。

高橋ヒロム選手とエル・デスペラード選手の長きに渡る関係性も注目だが、エル・デスペラード選手が新日本プロレスデビュー戦でピンフォール勝ちした相手がBUSHI選手であるという因縁も忘れてはならない。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのジュニア対エル・デスペラード選手の抗争が、たった一度のタイトルマッチで決着がつくとは思えない。

5月に控えるベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25も含め、まだまだL・I・J対鈴木軍は続いていきそうです。

あとはロッポンギ3Kの二人がどう反応するか、今後もより白熱する展開を期待!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA