高橋ヒロム「オレもそんなにゆっくりしてられないんで」【新日本プロレス・2018年1月】

新日本プロレス・高橋ヒロム選手のIWGPジュニアヘビー級王座戦に向けたインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

2018年2月10日・THE NEW BEGINNING・大阪大会、高橋ヒロム選手はIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦!

関連:ウォーマシンお別れ?&みのるの標的は棚橋&CHAOS対ロスインゴ&ジェリコからメッセージ【新日本プロレス・2018.1.5・PART2】
関連:新日本プロレス・2018.2.10・ニュービギニング・大阪大会の全対戦カード決定!

イッテンヨンの前に自らリマッチはなしと提案していたにも拘らず、ウィル・オスプレイ選手にリマッチを要求した理由について、今週の週刊プロレス No.1941で明かしました。

オレももう28歳ですよ。自分のやりたいこと、IWGPジュニア王者としてIWGPヘビーを巻いて、テレビのゴールデンタイムで試合をするっていう。それを叶えるには、オレもそんなにゆっくりしてられないんで。自分の恥、プライド、そんなものをすべて捨ててでまでも、オレはオスプレイのベルトに挑戦したい。これは完全に自己中、すべてが自分のためです。(引用:週刊プロレス No.1941)

高橋ヒロム選手が若手時代から掲げている夢を達成するためにはゆっくりしていられない、そんな思いから今回のリマッチ要求に繋がったようです。

大阪から再び始まる高橋ヒロム選手の夢への第一歩、最高のタイトルマッチを期待しましょう!

また今週号のインタビューでは、2017年上半期に抗争を繰り広げたKUSHIDA選手や、ある人間=イニシャルKについても言及。

関連:高橋ヒロムが選ぶ2017年の一戦【新日本プロレス・2018年1月】

関連:高橋ヒロムが大阪城ホール大会で挑戦者に指名したい「K」は誰?【新日本プロレス・2017年5月】

気になる方はお早めにご購読を!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA