鈴木軍(仮)が本格始動「俺がこの会社から奪うものはすべてだ!」【2011.6.18】

【新日本プロレス・振り返りNo.80】

今回は2011年6月18日の鈴木みのる選手!

スポンサーリンク

タッグマッチ


真壁刀義

vs
〇 鈴木みのる
ゴッチ式
パイルドライバー
× 小島聡ランス・アーチャー

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年6月18日・大阪府立体育会館大会、ついに鈴木軍(仮)が本格始動!

タイチ選手とTAKAみちのく選手に裏切られた小島聡選手は、ピンチを救出してくれた真壁刀義選手がとタッグ結成。

そして鈴木みのる選手は鈴木軍(仮)の新メンバーである元WWEのランス・アーチャー選手とタッグを組んで臨んだ一戦。

序盤からお互いに激しい闘いを繰り広げるが、鈴木みのる選手がレフェリーの目を引きつけると、セコンドのタイチ選手がイス攻撃で介入して大ブーイング!

劣勢が続く小島聡選手はDDTで反撃、真壁刀義選手にタッチすると本隊が一気に盛り返す。

すると真壁刀義選手のラリアットが小島聡選手に誤爆、仲間割れと見せかけて合体ブレーンバスター、そして垂直落下式ブレーンバスターを決めるもカウント2!

小島聡選手はとどめを刺しにかかるが、タイチ選手がエプロンで気を逸らすと、鈴木みのる選手がスリーパーホールド!

真壁刀義選手がカットに入るも、ランス・アーチャーがビッグ―ブートからダークデイズを決めて排除、最後は鈴木みのる選手がランニングニーからのゴッチ式パイルドライバーで勝利!

アナ「今後はベルトを狙う?」
鈴木「ベルトを獲るためにきてるんじゃない。侵略だ!だから……ベルトも! あのベルトが至宝? 俺にとっちゃガラクタだ。あのベルトがスゲーんじゃねぇぞ。強いヤツが持ってるから、あのベルトが光る。だから、いまは腐ってんだろ?俺が獲れば、少しは、よくなるんじゃねーか?
アナ「じゃあ、侵略して、次はベルトと……」
鈴木「だから、最後がベルトじゃねぇ! それでよくアナウンサーやってられるな?学校で直してこい!俺がこの会社から奪うものはすべてだ!(引用:新日本プロレス公式サイト

鈴木軍の新日本プロレス侵略は今もなお続く…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA