飯伏幸太がIWGPジュニアヘビー級王座を初戴冠「プロレスというジャンルを上げていきたいです」【2011.6.18】

【新日本プロレス・振り返りNo.79】

今回は2011年6月18日の飯伏幸太選手!

スポンサーリンク

IWGPジュニアヘビー級王座戦

×[王者]
プリンス・
デヴィット

vs
〇 飯伏幸太
フェニックス
スプラッシュ

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年6月18日・大阪府立体育会館大会、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア18優勝者の飯伏幸太選手が2度目のIWGPジュニアヘビー級王座挑戦!

プリンス・デヴィット選手はノータッチトペコンヒーロ、飯伏幸太選手はバミューダ・トライアングルとアクセル全開!

美しい空中戦と激しい打撃の応酬が続くと、飯伏幸太選手の雪崩式フランケンシュタイナーは回り切らずにマットに落ちてしまい、両者ダウン。

立ち上がった二人はさらに激しい展開となり、飯伏幸太選手が高速ジャーマン、そしてムーンサルト・ムーンサルトは膝で迎撃されて丸め込まれるもカウント2!

さらにプリンス・デヴィット選手はエグい角度のリバースブラディサンデー、後頭部、腹部へのダイビングフットスタンプを決めるも決着がつかず。

そしてフィニッシュの雪崩式ブラディサンデーを狙うが、飯伏幸太選手がトップロープからの雪崩式フランケンシュタイナーで切り返す!

最後はラリアットからシットダウン式ラストライド、そしてフェニックススプラッシュで勝利!

飯伏幸太選手がIWGPジュニアヘビー級王座を初戴冠!

―夢を手にした気持ちは?
飯伏「(自分の目標の)半分は、『SUPER Jr.』優勝、半分はIWGPJr.……このベルトだったんで、最高にうれしいです。自分の目標は達成できました。最高にうれしいです!
―今後、どういう方向に?
飯伏「そうですね、このまま……プロレスを!プロレスというジャンルを上げていきたいです」(引用:新日本プロレス公式サイト

プロレスの可能性をさらに広げたいという野心は今も昔も変わらず。

今後の飯伏プロレス研究所の活動にも期待しております!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA