棚橋弘至がビリー・ガンをIWGPインターコンチネンタル王座次期挑戦者に指名

新日本プロレス 2017.6.11 DOMINION 大阪城ホール大会の棚橋弘至選手の試合後コメントをご紹介。

スポンサーリンク

IWGPインターコンチネンタル王座戦で内藤哲也選手に勝利した棚橋弘至選手が次期挑戦者にビリー・ガン選手を指名!

“”まずは、偉大な大先輩“ビリー・ガン”。リスペクトしかないけど、インターコンチやりましょう。お誘いを受けてました。光栄なことです“”(引用:新日本プロレス公式サイト

5.3 レスリングどんたくのバックステージでヨシタツ選手が残した伝言を忘れていませんでした。

ビリー・ガン選手は2017年7月1日 、2日の G1 SPECIAL in USA 参戦が決定済。

棚橋弘至選手の初防衛戦は、アメリカ大会で対戦相手はビリー・ガン選手となることが濃厚。

100年に1人の逸材vsミスター・アス、これは楽しみ!

ただIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ選手の防衛戦がCody選手、棚橋弘至選手の初防衛戦がビリー・ガン選手になると、新日本プロレスの闘いをそのままアメリカで披露することが出来なくなってしまいそう。

現地のファンは元WWEの選手との対戦よりも、新日本プロレスの選手同士の対戦を望んでいる気もしますが…

本日15:00から新日本プロレスワールドで中継される一夜明け記者会見で、次期シリーズ、そしてアメリカ大会の詳細が発表してもらたら嬉しい。

いずれにしても、棚橋弘至選手とビリー・ガン選手のシングルマッチ実現を素直に喜びましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA