プロレス会場で動画撮影はOKだけど連写禁止?

DDTグループの東京女子プロレスが発表した動画撮影、写真撮影に関するアナウンスをご紹介。

スポンサーリンク

本日2017年6月2日より、DDTプロレス、DNA、プロレスリングBASARA、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの大会で動画撮影が解禁!

プロレスの魅力を知ってもらうには、やっぱり実際にプロレスを見てもらうのが一番。

SNSの拡散力・影響力を考えれば、これは本当に素晴らしい試み!

そんな中、DDTグループの東京女子プロレスが写真撮影に関する新しい規則をアナウンス。

三脚や自撮り棒はともかく連写も禁止。

こうした事態になった理由は以下。

いくら周りがこんな客叩き出しちゃえばいいのにと思っても、団体側からはそうは言えない時代ですよね。

プロレス会場で耳栓して観戦しろって…

最終的には以下のように訂正。

せっかくDDT全体が動画撮影を解禁し、よりみんなでプロレスを楽しむための方向に進もうとしているのだから、ファンが水を差してどうするんだか。

当事者の方も気づいているでしょうし、同じことが繰り返されないことを願う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA