WWEがカール・アンダーソン&ルーク・ギャローズらを大量解雇【WWE・2020年4月】

WWEが新型コロナウイルスの影響により選手・スタッフを大量解雇…

WWEより正式発表。

新型コロナウイルスの影響による人員削減のため、選手・スタッフを大量解雇。

カート・アングル(プロデューサー)
ルセフ
ドレイク・マーベリック
ザック・ライダー
カート・ホーキンス
カール・アンダーソン
ルーク・ギャローズ
ヒース・スレイター
エリック・ヤング
ローワン
サラ・ローガン
ノー・ウェイ・ホセ
マイク・キオーダ(レフェリー)
マイク・ケネリス
マリア・ケネリス
EC3
エイデン・イングリッシュ(実況)
リオ・ラッシュ
プリモ
エピコ

この他にも多くの裏方のスタッフが解雇されたようです。

また他団体と契約できるのは3か月後の7月中旬(NXTは翌月5月中旬)となる見込み。

元バレットクラブのカール・アンダーソン選手&ルーク・ギャローズ選手は新日本プロレスに復帰するのか?

世界中のプロレス団体が厳しい状況にありますが、彼らの新天地での活躍を期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA