高橋ヒロム「首やっちゃったもん対決」、内藤「俺の試合は組まれないんじゃない?」【新日本プロレス・2020.6.15・PART3】

新日本プロレス・2020年6月15日・トゥギャザープロジェクトスペシャルのバックステージコメントまとめ・PART3!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.6.15・トゥギャザープロジェクトスペシャル【直前特番】

高橋ヒロム

新日本プロレス、1回戦、相当おもしろい相手を組んできたじゃねえか!高橋ヒロムvs本間朋晃。首やっちゃったもん対決。おもしれえもん組んできたじゃねえか、新日本プロレス。なあ、本間さん、嘘偽りなく、誤魔化すことなく、身体と身体のぶつかり合い!おもいっきり、お互いの身体、ぶつけ合おうじゃねえか!そんな凄え楽しいもんを俺とあんたなら見せられるだろう。見せてやろうぜ!プロレスファンに、新日本プロレスに、俺たちの闘い、見せつけてやろうぜ!

新型コロナウイルスの影響により一部の外国人選手が来日できなくなり、急きょニュージャパンカップ2020にエントリーされた高橋ヒロム選手。

トーナメント1回戦の相手は首やっちゃった同士である本間朋晃選手。

本間選手は2017年3月に中心性脊髄損傷、ヒロム選手は2018年7月に第一頸椎複数箇所骨折という大怪我を負い、そこから二人は奇跡の復活を果たしました。

過去に首やっちゃった同士だからこそ、お互い遠慮のない激しい身体と身体のぶつかり合いが見られそうです。

また、高橋ヒロム選手はトーナメント2回戦に勝ち進むと矢野通選手と対戦する可能性あり。

かつて高橋ヒロム選手がまだヤングライオンの頃、矢野通選手にシングルマッチで敗れてリング上で髪を刈り落とされた苦い過去があります。

あの日のリベンジを果たすためにも、高橋ヒロム選手は何としてもトーナメント1回戦を勝ち進んでもらいたい。

内藤哲也

まあ、マイクでも言ったけど、明日から始まる『NEW JAPAN CUP』、俺はエントリーしてないんでね。明日、俺の試合はどうだろうね?多分、組まれないんじゃないのかな?そうなった場合は『新日本プロレスワールド』で、ポップコーンを食べながら、コーラ飲みながら、見させていただきますよ。今日、リング上で随分、高橋ヒロム、鷹木信悟が熱くなってたね。おそらく、EVIL、BUSHI、SANADAも熱くなってることでしょう。いいじゃない。いいと思うよ。いつも言ってるでしょ?ユニット内で競い合ってこそ、今以上のユニット、今以上のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンができるって。非常にいい状況だよ。まあ、誰が上がってきても構わない。同門対決でも構わない。大阪城ホール大会、俺の目の前にいったい誰が立つのか?EVILなのか?BUSHIなのか?SANADAなのか?ヒロムなのか?鷹木なのか?楽しみにしてるぜ。今日、『新日本プロレスワールド』でご覧の皆様もいったい誰が勝ち上がってくるのか、いろいろ想像しながら楽しんでください。

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル・2冠王者として、来月7月の大阪城ホール大会でNJC2020優勝者の挑戦を受ける内藤哲也選手。

やはりNJC2020優勝予想はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーであることに変わりはないようです。

また、気になるのは明日、俺の試合はどうだろうね?多分、組まれないんじゃないのかな?という発言。

NJC2020期間中は公式戦以外にもスペシャルマッチ1試合(準決勝では2試合、決勝では全7~9試合)が組まれる予定ですが、その試合に誰が出場するかは未定。

新型コロナウイルス感染のリスクを考えると、すでに大阪城ホール大会でタイトルマッチが決まっている内藤哲也選手に、何度も会場に足を運ばせて試合をさせるのは賢明ではない。

本人の言葉通り、NJC2020序盤は内藤哲也選手を見る機会は少なくなりそうです。

来月の大阪城ホール大会を無事に成功させるためにも、当面はローテーションで連戦を避けるなど、選手たちへの負担の少ないマッチメイクを期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA