飯伏幸太と棚橋弘至「次はタッグ」、ヒロム「誰の挑戦でも受ける」【新日本プロレス・2020.2.9・PART2】

新日本プロレス・2020年2月9日・ニュービギニング大阪・大阪城ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.9・ニュービギニング大阪・大阪城ホール・PART1【オープニングVTR】
関連:新日本プロレス・試合結果・2020.2.9・ニュービギニング大阪・大阪城ホール・PART2【煽りVTR】

高橋ヒロム

IWGPジュニアヘビー級王座の初防衛に成功した高橋ヒロム選手。

ロビー・イーグルス選手など様々な選手が次期挑戦者として名乗りを上げるなか、改めて次期挑戦者候補について言及。

さあ、挑戦者、誰もいらっしゃらないようで。でも、憶えてるから。俺が知ってる限り、俺の名前、及びIWGP Jr.の名前を出した人間は、ファンタズモ、石森、SHO、YOH、デスペラード、金丸、そしてDOUKI、ナマハゲ、上村。その他にも言っているならば俺が見逃している。面白くなってきたじゃねーか。ジュニア戦線、そして高橋ヒロム包囲網。面白れぇ、どうだ?俺を倒したいんだったら、今俺が名前を挙げた全員でユニットでも作ってみればいいじゃねーか。ジュニアのユニット、高橋ヒロム包囲網。高橋ヒロムを崩して見ろよ。このベルトさんに挑戦して来い。俺は楽しみに待っている。誰の挑戦でも受ける。

あくまでヒロム選手は誰の挑戦でも受けるというスタンス。

旗揚げ記念日(3月3日)は内藤哲也選手とのシングルマッチが決定的になりましたので、サクラジェシス(3月31日)でのタイトルマッチが濃厚。

果たして高橋ヒロム包囲網のなかから誰が頭ひとつ抜け出すのか、来週から始まる後楽園4連戦(2月19日~22日)をお見逃しなく!

飯伏幸太

IWGPタッグ王座に挑戦表明した棚橋弘至選手に続いて、新タッグパートナーの飯伏幸太選手もタッグ戦線進出を宣言!

飯伏「まあ約1ヶ月ぶりなんですけど、ちょっとね勘が戻ってない部分があるんですけど。(棚橋が気付かれないように背後にやってくる)まあこれから、ちょっとタッグとして1回、目指していきたいなと。もちろんシングルも忘れてないけど。でも、棚橋さんと約束した部分もあるんで。ちょっとまだ言えないけど……。次はタッグ、狙えたら良いなと。お願いします。はい。お願いします。シングルもまだ。ベルトもまだ。まだまだやってないこといっぱいあるんで……これから……

コチラも後楽園4連戦(2月19日~22日)でタイトル挑戦に向けてさらなる実績を積み上げたいところ。

レッスルキングダム14の敗北から再起を図る二人の今後に乞うご期待!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA