新日本プロレス・試合結果・2020.1.5・レッスルキングダム14・東京ドーム・2日目・PART3【飯伏対ジェイ~IWGPヘビー&IC】

新日本プロレス・2020年1月5日・レッスルキングダム14( WRESTLE KINGDOM 14 )・東京ドーム大会・2日目の試合結果、動画まとめ・PART3!

関連:2020.1.5・レッスルキングダム14・東京ドーム大会・2日目の全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2020年1月】

1月4日・レッスルキングダム14・初日の試合結果はコチラ!

1月5日・レッスルキングダム14・2日目の試合結果・PART1はコチラ!

1月5日・レッスルキングダム14・2日目の試合結果・PART2はコチラ!

第6試合 / スペシャルシングルマッチ


× 飯伏幸太

vs
〇 ジェイ・
ホワイト
ブレードランナー

飯伏幸太選手がカミゴェを決めるも、外道選手がレフェリーを場外に引きずり落とす。

そしてジェイ・ホワイト選手がパイプ椅子を投げつけて、外道選手がメリケンサックで顔面殴打!

最後はジェイ・ホワイト選手がクロスアーム式ブラディサンデー、ブレードランナーで勝利!

さらに試合後、ジェイ・ホワイト選手は再びブレードランナー!

セミファイナル


× 棚橋弘至

vs
〇 クリス・
ジェリコ
ウォールズ・
オブ・ジェリコ

メインイベント / IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王座戦・ダブルタイトルマッチ

×[IWGP王者]
オカダ・カズチカ

vs
〇[IC王者]
内藤哲也
デスティーノ

スターダストプレスはカウント2!

最後は内藤哲也選手がバレンティアからのデスティーノで勝利!

内藤哲也選手が史上初のIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王者の2冠王に輝く!

試合後、内藤哲也選手がEVIL!BUSHI!SANADA!ヒロム!鷹木!イ・内藤!ロス・ソントロス!ロス・インゴベルナーブレース!まで言ったところで、KENTA選手が乱入してデハポン大合唱を阻止!

そしてgo 2 sleepでノックアウト!

KENTA選手には大ブーイング、内藤哲也選手はBUSHI選手の肩を借りて退場して、レッスルキングダム14は終了!

1月6日・ニューイヤーダッシュ2020の試合結果はコチラ!

スポンサーリンク

「新日本プロレス・試合結果・2020.1.5・レッスルキングダム14・東京ドーム・2日目・PART3【飯伏対ジェイ~IWGPヘビー&IC】」への1件のフィードバック

  1. このドーム2日で改めてオカダ選手が化物だと気づかされました。試合内容、存在感など全てにおいて……凄すぎます。
    ジェリコ選手vs棚橋選手も流石。試合に至るまで煽り、そして勿論試合内容も素晴らしかったですね。ジェリコ選手がAEWのベルトを持って入場してきた時は震えました。ひとまずこれでAEWとの関わりはまたなくなりそうですがいつか”その時”が来ることを期待したいですね。(早く来て(-人-;))
    そして、ラストのKENTA選手。せっかく内藤選手が前人未到の二冠をとり、ドームメインでの念願のハポン合唱。それをブチ壊すなんて………………最高すぎる。誰もが予想しなかったシナリオ。これぞヒールですね。2020年KENTA選手には期待しかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA