高橋ヒロムが次期挑戦者にリュウ・リーを指名「次の挑戦者、決まりだ」【新日本プロレス・2020年1月】

新日本プロレス・IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム選手が次期挑戦者にリュウ・リー選手を指名!

昨日2020年1月4日、高橋ヒロム選手は約1年半ぶりにIWGPジュニアヘビー級王座を奪回

そして本日5日、引退試合を迎えた獣神サンダー・ライガー選手をチャンピオンとして見事に介錯しました。

試合後、高橋ヒロム選手がバックステージで獣神サンダー・ライガー選手への感謝を述べると、質疑応答を途中で中断。

タッグパートナーを務めたリュウ・リー(元ドラゴン・リー)選手にIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦したいかと尋ねました。

ヒロム「終わり!ベルト(タイトルマッチ)が欲しいか?リマッチ(リベンジ)したいか?
リー「もちろん
リュウ・リー選手が話し続けると…
ヒロム「うるせー!次の挑戦者、ドラゴン・リーで決まりだ。それだけ

高橋ヒロム選手との再戦を望んでいたリュウ・リー選手はもちろんと回答。

これを受けて、高橋ヒロム選手が次期IWGPジュニアヘビー級王座挑戦者をリュウ・リー選手に決定!

ニューイヤーダッシュ(明日1月6日)、ニュービギニングUSA(1月24日〜2月1日)、ニュービギニング札幌(2月1日&2日)、ニュービギニング大阪(2月9日)のいずれかでのタイトルマッチが決定的になりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA