ライガーが引退試合に勝ったら現役続行?「そうか、復帰か…」、ザック「俺は英国王者」【新日本プロレス・2019.12.8・PART2】

新日本プロレス・2019年12月8日・ワールドタッグリーグ2019・最終日・広島グリーンアリーナ大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.12.8・ワールドタッグリーグ2019・最終戦・広島【オープニングVTR】

ザック・セイバーJr.

※試合直後、消耗しきったSANADAの元にザックがやってくる。ザックは「俺の脚をよくもやってくれたな!俺はブリティッシュヘビー級王者なんだぞ?」と言いながら、SANADAの腕を極めていく。
おまえのことなんかこうしてやる!こんなことして許されると思うか?許されないよな?」と腕ひしぎ十字に決める。さらにストンピング攻撃から再度、腕を固めていくザック。

RPWブリティッシュヘビー級王者ザック・セイバーJr.選手が、バックステージでSANADA選手を襲撃!

ザック・セイバーJr.選手は先月の大阪後楽園で立て続けにピンフォール負けを喫しているだけに、SANADA選手には必ず借りを返さなければならない。

コチラもNEVER&US王座と同様に、レッスルキングダム14でのタイトルマッチが決定的になりました。

獣神サンダー・ライガー

どちらかとシングルか、『まとめてかかってこい』と言いましたけど、タッグで来てもらっても結構ですし。あとはもう、会社にカードは任せます。僕の気持ちはリング上で言いましたから。ここからもう言うことはありません
(中略)
--タッグマッチになった場合、パートナーの希望は?
ライガー「誰でもいいけれど、僕の歴史を締めくくるのに、やっぱり佐野(直喜)さんでもいいかなあとも思うし。
(中略)
ただ、勝ったらわかんないぞ。どうしよう?
--過去、そういう(引退試合で勝って現役続行を宣言する)選手はいなかったから、いいんじゃないですか?
ライガー「『現役続行します!』って?
--リング上に契約書を持ってきてもらってサインするっていうのは?
ライガー「(その場で)サイン!OK!お前ら、そういうことになるなよ……。ヒロム、リュウ・リー、覚悟してかかって来いよ。俺は花持たすつもりは一切ないから。獣神サンダー・ライガーでいきます。最後までライガーでいきます。(※控室に戻りながら、つぶやくように)そうか、復帰か……

ドラゴン・リー改めリュウ・リー選手から対戦要求を受けた獣神サンダー・ライガー選手。

レッスルキングダム14で行われる引退試合は、リュウ・リー選手 or 高橋ヒロム選手のどちらかとシングル、もしくは二人まとめてタッグでの対戦を希望!

その判断は会社に任せますとのこと。

そしてタッグマッチの場合、タッグパートナーはレッスルキングダム14・初日で対戦する佐野直喜選手を希望しました。

個人的には2代目獣神サンダー・ライガーとしてカワトサン選手の凱旋帰国にも期待したいのですが、ドゥルセ・ガルデニア選手との抗争に区切りをつけるまでは難しそうです。

また、もし獣神サンダー・ライガー選手が引退試合に勝利した場合は現役続行を宣言!

こうした希望を踏まえたうえで、新日本プロレスはどんな対戦カードを組むのか。

本日9日・15時より行われる記者会見をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA