新日版ボディビル大会「コンクルソ」のエントリー選手&日時が決定!【新日本プロレス・2019年12月】

新日本プロレス版ボディビル大会コンクルソのエントリー選手&日時が決定!

2019年6月、棚橋弘至選手がメキシコ・CMLLで毎年開催されているボディビルコンテストを元にして、新日本プロレス版ボディビル大会「コンクルソ」を提案。

最初は棚橋弘至選手が個人で始めた企画にロッポンギ3K石森太二選手が名乗りを上げて、新日本プロレス全体を巻き込んだ本格的な企画に発展。

発案から約半年が経過した本日、ついにコンクルソの詳細が決定!

日時12月20日・後楽園ホール大会

エントリー選手
1SHO(ロッポンギ3K)
2YOH(ロッポンギ3K)
3飯伏幸太(本隊)
4上村優也(ヤングライオン)
5辻陽太(ヤングライオン)
6棚橋弘至(本隊・主催者)
7石森太二(バレットクラブ)
8トーア・ヘナーレ(本隊)

大会終了後、LINEなどで投票を行うとのこと。

またLA道場勢のカール・フレドリックス選手とクラーク・コナーズ選手も候補にあがりました。

初開催でまだ手探り状態のため、今後もエントリー選手や投票方法などに変更があるかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

偶然集合。 #エニタイムフィットネス #コンクルソ #njpw

棚橋弘至(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

果たして初代ミスター・新日本の称号を手に入れるのは誰になるのか。

史上初・新日本版ボディビル大会コンクルソに乞うご期待!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA