岡田かずちか「俺がチャンピオンになった時には潮崎と必ず防衛戦やって借り返すぞ」【2009.6.20】

【新日本プロレス 振り返りNo.21】

今回はCHAOSのオカダ・カズチカ選手!

スポンサーリンク

2009.6.20 大阪府立体育会館

◯ 潮崎豪
ゴーフラッシャー
vs× 岡田かずちか

GHCヘビー級王者の潮崎豪選手とヤングライオンの岡田かずちか(当時)選手のシングルマッチ。

この試合もオカダ・カズチカ選手のデビュー10周年記念DVDに収録されている。

ノアとの団体対抗戦に抜擢された岡田選手が奮闘するも、結果はゴーフラッシャーで潮崎選手の貫禄勝ち。

試合後握手を求めた潮崎選手に対し、岡田選手は顔面に張り手をするも間髪入れず張り手を返されてダウンしてしまう。

格の違いを見せつけられた岡田選手は、試合後のコメントでリベンジを誓う。

“”悔しい。これで新日本が下に見られるのが悔しい。チゲェぞ。俺は新日本で1番下だからな。俺よりもっともっと強い人がいるんだから。そこは勘違いしないで欲しい。ただ、俺がチャンピオンになった時には、潮崎と必ず防衛戦やって借り返すぞ。””

この時の言葉通り、新日本プロレスの一番下からIWGPヘビー級王者としてチャンピオンにまで上り詰めたオカダ選手。

今こそリベンジの時のはずだったが、昨年まであったノアとの交流が今年に入ってからは絶たれてしまった。

この試合のリベンジのチャンスが訪れるのかは分からないが、再び相まみえる時は、この日誓ったリベンジを果たしてもらいたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA