飯伏幸太「形として何か残したい」

「飯伏プロレス研究所」立ち上げから約1年が経過した飯伏幸太選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

活動の準備が着々と進んでいる飯伏プロレス研究所。

飯伏プロレス研究所 ホームページ

飯伏プロレス研究所 フェイスブック

飯伏プロレス研究所 YouTube

そこで公開されたインタビューがコチラ。

飯伏プロレス研究所設立の経緯や週プロなどで募集していた研究員募集の他に、今後の目標を聞かれた飯伏選手は「形として、団体ではないですけど、形として何か残したいというか、表したい」と答えています。

現在様々な団体に出場しているのも、以前に少し話していた自主興行の実現のための根回しというか足がかりになるのではないかと、個人的に思っています。

飯伏選手が色んな団体と交わるほど、「飯伏プロレス研究所自主興行」で夢の対戦の可能性が広がるかもしれません。

昭和57年会を中心とした、現在のプロレス界で脂の乗り切った選手たちが集まることを期待しております!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA