天山広吉「コジ、プロレスに友情はあるやろ? 」【2008.7.8】

【新日本プロレス 振り返りNo.13】

今回は本隊のテンコジ!

スポンサーリンク

2008.7.8 後楽園ホール

◯ 天山広吉
アナコンダバイス
vs× 飯塚高史

飯塚高史選手の裏切りにより友情タッグが消滅、完全に孤立してしまった天山広吉選手。

坊主になりアイアン・フィン ガー・フロム・ヘルを使い始めた飯塚選手。

完全決着のために組まれたランバージャック戦がこの試合。

場外に陣取るG・B・Hメンバーに大苦戦も、結果は天山選手がアナコンダバイスでギブアップ勝利。

試合後に暴行される天山選手を救出したのが、当時全日本プロレス所属で右肘負傷のため欠場中だった小島聡。

現在と違い全日本プロレスと交流があったとはいえ、このサプライズに会場は熱狂。

試合後のマイクで天山選手が残した名言。

“”「 俺は『プロレスに友情はある』って信じているよ。コジ、プロレスに友情はあるやろ? 」””

この言葉に小島選手は握手で応え、友情タッグは消滅しても、本物の友情はあると証明!

小島選手の全日本プロレス移籍で一度は解散したものの、キャリアを通してずっとタッグを組んでいるのだから驚き。

と同時に、飯塚選手が9年近く今の姿を貫き通している事にも感動。

飯塚選手は現在50歳であのボディですよ、本当に頭が上がりません。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA