ランバージャック・デスマッチってどんな試合?

今回は数あるプロレスの試合形式の中からランバージャック・デスマッチとはどんな試合かご紹介します!

スポンサーリンク

ランバージャックデスマッチとは、リングの四方をセコンドが囲み、リングから落ちた選手を押し戻す試合形式のこと。

まずは実際の試合動画(ハイライト)を見てみましょう!

リングの周りに選手たちがズラリ。

ケイン選手から逃げようとしたセス・ロリンズ選手が捕まってリング内に戻されたりしていますね。

場外に落ちた選手に暴行を加えたり、リング上にセコンドが雪崩込むのもランバージャック・デスマッチの定番。

ランバージャック・デスマッチの起源は、カナダのランバージャック(Lumberjack)=木こり同士が喧嘩になった時、完全に決着が着くまで戦わせたことだそうです。

プロレスでも同様、軍団抗争の決着戦としてユニットのリーダー同士がランバージャック・デスマッチを闘うことがあります。

近年の新日本プロレスではこの試合。

2013年9月29日 ランバージャックデスマッチ 棚橋弘至vsプリンス・デヴィット(19:53)

この試合を見たことがある人も、まだ見たことがない人も、デヴィちゃんが本当にカッコイイので是非ご覧になってください!

イリミネーションマッチ(オーバー・ザ・トップロープ方式)のように、時にはこうした試合形式もまた見てみたいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)