吉橋伸雄デビュー戦の相手は内藤哲也【2008.7.6】

【新日本プロレス 振り返りNo.12】

今回はCHAOSのYOSHI-HASHI選手!

スポンサーリンク

2008.7.6 後楽園ホール

◯ 内藤哲也
逆片エビ固め
vs× 吉橋伸雄

二人の歴史は新日本プロレス入団前から。

同い年の二人は同時期に浜口ジムで新日本プロレスを目指してトレーニングを重ね、2005年に後楽園ホールで行われた公開入門テストで内藤選手のみ合格。

遅れること2年、吉橋伸雄(当時)選手は2007年の入門テストで合格し、念願の新日本プロレスのレスラーとしてデビュー戦を迎えました。

結果は2年間のキャリアの差を見せつけるように、内藤選手が逆片エビ固めでギブアップ勝ち。

試合後「何年かかってでも内藤を越えられるように、毎日頑張っていきます」とコメント。

デビュー戦からもうすぐ9年、未だに内藤選手からシングルマッチで勝利を奪えていないYOSHI-HASHI選手。

その瞬間が訪れるまで、この試合のこのコメントをしっかりと記憶に刻んでおこうと思います。

最後に若手時代の入場VTR。

走り出す動きは今も変わらないが、当時のヘッドハンターよりも今の方が様になっている。

黒髪のYOSHI-HASHI選手も意外と良いですよね?

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA