オカダ・カズチカが2冠問題でファン投票を提案!IWGPヘビー、IC王座をめぐる4人の主張は?【新日本プロレス・2019.11.3・PART4】

新日本プロレス・2019年11月3日・パワーストラグル・大阪府立体育会館大会のバックステージコメントまとめ・PART4!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.11.3・パワーストラグル・大阪・PART1【ジェリコが棚橋にビデオメッセージ!】
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.11.3・パワーストラグル・大阪・PART2【煽りVTR】

1月5日・レッスルキングダム14・東京ドーム大会・2日目の第2弾対戦カードはコチラ!

ジェイ・ホワイト

さてカードはどうなるかな?だが、何も東京ドーム1日目にやる必要はない。内藤はもう2回連続で倒してる相手だ。だから俺はドーム1日目をスキップして、2日目だけ試合すればいい。明日、会社の発表を楽しみにしてるぞ?

今年1月に内藤哲也選手が掲げたIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の2冠構想もいよいよ大詰め。

以下の4名が史上初の2冠に王手をかけました。

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ
IWGPヘビー挑戦権利証保持者飯伏幸太
IWGPインターコンチネンタル王者ジェイ・ホワイト
次期IC王座挑戦者内藤哲也

しかしIC王者ジェイ・ホワイト選手は、事実上の次期挑戦者決定戦を勝ち抜いた内藤哲也選手の挑戦をスキップすると拒否の姿勢。

G1公式戦IC王座戦でジェイ・ホワイト選手に2連敗している内藤哲也選手にはIC王座挑戦権がないと主張しました。

オカダ・カズチカ

オカダ「2冠2冠、うるせーな、コノヤロー。まあ、リング上でも言ったように、ひさしぶりに投票しましょうよ。今日の歓声でもう決定かもしれないけど、まあ、楽しみです。投票結果を待ちたいなと思います。ただ、会社がやってくれるかはわからないですけど。やりましょう……

そして4人のなかで唯一2冠構想に反対だったオカダ・カズチカ選手が、ダブルタイトルマッチを行うかどうか決めるファン投票を提案!

パワーストラグル終了時点での4人の主張はコチラ。

オカダ基本は1月4日・5日ともにIWGPヘビー級王座戦のみ、ダブルタイトルマッチはファン投票次第
飯伏1月4日にIWGPヘビー級王座に挑戦、翌日5日にIWGPヘビー級王者としてダブルタイトルマッチを希望
ジェイ1月4日はタイトルマッチを行わず、IC王者として翌日5日にダブルタイトルマッチを希望
内藤1月4日にIC王座に挑戦、翌日5日にIC王者としてダブルタイトルマッチを希望

関連:2020.1.4・レッスルキングダム14・東京ドーム大会の第1弾・対戦カードが決定!【新日本プロレス・2020年1月】

ジェイ・ホワイト選手がIC王座戦を拒否、ダブルタイトルマッチもファン投票次第と考えると、2冠から最も遠い位置にいるのは内藤哲也選手と言えるかもしれません。

さらにファン投票と言えば、2014年のレッスルキングダム8でオカダ・カズチカ選手と内藤哲也選手のIWGPヘビー級王座戦が実質セミファイナルに降格するという出来事がありました。

かつてファン投票で屈辱を味わわされた内藤哲也選手の心中は穏やかではないはず。

果たして会社=新日本プロレスは誰の主張を認めるのか、レッスルキングダム14・第2弾対戦カードの発表をお楽しみに!

追記
新日本プロレスがLINEで(ファン投票ではなく)公式アンケートを開催!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA