棚橋弘至「必ず、俺達の世代でもう1度プロレスを爆発させます!」【2007.8.12】

【新日本プロレス 振り返りNo.3】

今回は本隊の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

2007.8.12 両国国技館

◯ 棚橋弘至
ハイフライフロー
vs× 永田裕志

新日本プロレスワールド:2007年8月12日 両国国技館  棚橋弘至vs永田裕志(43:34)

棚橋弘至選手がG1クライマックス初優勝を果たしたG1 CLIMAX 2007決勝戦の試合後のマイク

俺みたいなクソ野郎を応援してくれて、どうもありがとうございました。皆さんの期待、声援、この体に浴びました。必ず、俺達の世代でもう1度プロレスを爆発させます!最後に一言、両国の皆さん、愛してまーす!

この時から約10年、日本全国どこに行ってもお客さんがいっぱい、現在の新日本プロレスの光景はまさに棚橋選手の望んでいた光景そのもの。

次はプロレスを「最高のジャンルに引っ張り上げる」という棚橋選手の野望を実現させるため、もっともっとプロレスを爆発させていきたいですね。

また決勝戦で対戦した永田選手が現在も第一線にいたり、当時の若手である内藤哲也選手が優勝トロフィーを並べ直しているのも感慨深い。

海野レフェリーや尾崎リングアナも今より若く、時の流れの速さを感じてしまう。

10年後、自分の年齢を考えると恐ろしいが、10年後の新日本プロレスには楽しみしかない!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA