内藤哲也とジェイ・ホワイト「ジェイがヤングライオンの頃に…」【新日本プロレス・2019年7月】

新日本プロレス・内藤哲也選手が語るジェイ・ホワイト選手のヤングライオン時代との違いをご紹介。

いよいよ本日2019年7月6日(日本時間7日)に開幕戦を迎えるG1クライマックス29

まずは6日・ダラス大会でAブロック公式戦・初戦が行われ、一週間後の13日・大田区総合体育館大会でBブロック公式戦・初戦が行われます。

IWGPヘビー級王座&IC王座の2冠同時戴冠という目標を掲げてG1に挑むIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也選手が、ファン待望のシングル初対決が実現するジェイ・ホワイト選手について語りました。

パレハ なるほど。ジェイ選手については”スイッチブレイド”になって以降、とくに内藤選手は絡みはないですよね?
内藤 そうですね。ジェイがヤングライオンの頃に、コッチが”ちょっかい”を出してたくらいで。
パレハ 制御不能なカリスマの餌食になった一人ですよね。
内藤 ジェイはかつてのオカダ・カズチカみたいな勢いを見せてますけど、彼が若手の頃と比べて一番変わったのはあの顔つきですよ。昔はかわいらしい童顔だったのに、すっかりふてぶてしくなって(ニヤリ)。(引用:週刊プロレス No. 2019)

ヤングライオン時代のジェイ・ホワイト選手は、試合以外で内藤哲也選手に何度も痛い目に遭わされてきました。

内藤哲也選手もちょっかいを出していたヤングライオンの頃とは違う顔つきにワクワクしているのが伝わってきます。

ジェイ・ホワイト選手の凱旋帰国以降、二人はリング上で一度も交わってきませんでした。

そのため内藤哲也選手はずいぶんジェイ・ホワイトにみんな苦戦してるんだな。なんでこんなに苦戦してるんだろう?と感じていたが、ついに今大会でその答えが出ることになります。

内藤哲也選手とジェイ・ホワイト選手の正真正銘の初対決をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA