内藤哲也の2冠同時戴冠達成後の防衛戦【新日本プロレス・2019年6月】

新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也選手の2冠同時戴冠達成後の防衛戦をご紹介。

2019年6月9日、内藤哲也選手はIWGPインターコンチネンタル王座を奪還

IWGPヘビー級王座&IC王座の2冠同時戴冠という史上初の目標に向けて再スタートを切りました。

IC王座に返り咲いた内藤哲也選手の最初の挑戦は、来月7月6日に開幕するG1クライマックス29。

例年G1優勝者には東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座挑戦権が与えられるため、IC王者としてG1優勝こそが、現在の内藤哲也選手が目指す2冠同時戴冠への最短距離。

2冠同時戴冠への道筋がはっきりと見えている内藤哲也選手は、目標達成後の防衛戦についても考えがあるようです。

仮に一人の選手が主要タイトルを2つ同時に持てばひとシリーズでの負担は大きくなる。もちろん内藤はそういった事態も想定済み。
そしたらボクは開幕戦と最終戦でタイトルマッチやります。または同時に持ったその瞬間返上するかもしれない。いまはビッグマッチが増えてるので、タイトルマッチをどうしても組みたいわけで。封印すると言っても会社は認めないでしょう。1シリーズ2度のタイトルマッチはキツいと思うけど、G1は1シリーズで何回もシングルマッチやってますから不可能な話ではない。なんならダブルヘッダーでもいいです、最終戦に。そのくらい覚悟がなきゃ口にすべきじゃないし、口にしちゃいけない。それだけの覚悟を持って同時戴冠を目指します」(引用:週刊プロレス No. 2016)

2本のベルトを手にした暁には1シリーズ2度のタイトルマッチダブルヘッダーも辞さないと決意表明。

しかし内藤哲也選手がどれだけ覚悟していても、二人の挑戦者から狙われる日々が困難であることは間違いない。

先月までWWEでもベッキー・リンチ選手がRAW&SD女子王者として奮闘しましたが、別々のベルトを狙う挑戦者が結託して、約1カ月で2冠王から陥落してしまいました。

先の先まで見据える内藤哲也選手は、2本のベルトを狙う挑戦者たちにどう立ち向かうつもりなのか。

2冠同時戴冠への道のり、そしてその後の防衛ロードが楽しみでならない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA