天龍源一郎が語るG1クライマックスBブロック&優勝予想!

新日本プロレスG1 CLIMAX26の中盤戦が終了し、今年は全敗の選手がおらずかなりの混戦模様になっている。

2015年に引退した天龍源一郎さんによるG1 CLIMAX26Bブロックの選手評と優勝予想とは??

Bブロック選手評

・永田 まだまだ老け込む年じゃないよ。永田は今年、ベルト(NEVER無差別級王座)を獲って、少しはスポットライトを浴びたんだから、さらにアピールしないと。

・柴田 彼はね、自己満足なレスラーっていう印象がありますね。どっちかというと勝ち負けは二の次で、自分の中で「ファンにはウソをついていない」という部分があれば、それだけでも満足する“職人気質”のレスラーというかね。常に自分と闘い続けていますよ。

・中嶋 まあ、子どもの頃から知っている、生意気なアンちゃんだね。とくに最近、プロレスに慣れてきて、人からも注目されるようになって、もっと生意気になったかな?(笑)。彼は小さい身体でも大きなレスラーたちと切磋琢磨してきて、今回『G1』に参戦できたという部分では、ある種の達成感があるんじゃないかな

・内藤 彼はおもしろい選手だと思うよ。でも、内藤は観客が一番沸くには自分がどうすればいいか、その終着点までを考えちゃうたちというかね。つねに相手だけじゃなく、観客とキャッチボールしてプロレスをエンジョイするタイプだから、こういう連戦になると結果を求めるのは少し難しいかもしれない。試合の中で誰もが思いがけない動きを出したりして、楽しんでいるレスラーですよ。

・本間 天龍 まあ、本間もいろんな団体を行ったり来たりして、ようやく安住の地を見つけたという部分で、いま本当にプロレスを楽しんでいるようには見えますよ。ただし、自分のやりたい技を出すだけ出したら、「あとは野となれ山となれ」っていう感じを見せられちゃうと、昔から応援しているファンにしたら「それでいいの?」って白けるんだよね。(引用:新日本プロレス公式サイトより)

本当に天龍さんの言葉には頷かされるし、面白い。

内藤選手の考え過ぎなところを見抜いていたり、人気の高い本間選手にあえて苦言を呈したりと。

私もそう思ってた!と言いたくなる言葉ばかり。

しかし「白ける」とは言い得て妙で、確かに小こけしを待っていて出ると嬉しいんだけど、最近慣れてしまった感はある。

昔からのファンでなくてもこう思うこともあるわけで、何か本間選手にも変化が必要な時なのかもしれない。

本命・対抗・大穴

そしてBブロックの本命は永田裕志選手!

対抗は内藤哲也選手。

大穴は柴田勝頼選手。

新幹線にて移動中ゼァ(笑)。

Yuji Nagataさん(@yuji_nagata)が投稿した写真 –

やっぱり天龍さんの予想は一味違うゼア・・・

Aブロックの予想は後藤洋央紀選手だったので、天龍さんの予想決勝戦は後藤洋央紀選手vs永田裕志選手!

そして優勝者は後藤洋央紀選手!

天龍 やっぱり、選手がもがいている姿っていうのは、ファンの琴線に響くものがあるからね。『G1』っていう舞台は、そういった状況のレスラーが突き抜けるには絶好のチャンスですから。今年の『G1』は後藤洋央紀に注目したいね。(引用:新日本プロレス公式サイトより)

悩んだ末のCHAOS入りが間違いでなかったことを証明するためにも、後藤選手は結果を残さなければならない。

後藤選手が残りの公式戦3試合で何を見せてくれるのか楽しみにしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)