マイケル・エルガンが左膝を手術【新日本プロレス・2018年12月】

新日本プロレスのマイケル・エルガン選手の左膝の手術が決定…

2018年11月30日、マイケル・エルガン選手はワールドタッグリーグ2018で左膝を負傷。

後日MRI検査を受けた結果、半月板損傷のため明日出術を行うと発表。

関連:G.O.D.がスーパーパワーボム継承、棚橋&オカダ組の収穫、エルガンが左膝負傷?【新日本プロレス・2018.11.30】

新日本プロレスからはもし問題があれば無理して試合をする必要はないと伝えられたが、最後まで公式戦を闘い抜き、帰国後に症状が再び悪化したとのこと。

明日手術を予定しており、最低でも2~3週間のスケジュールをキャンセルしなければならないようです。

2週間後に開催されるレッスルキングダム13(2019年1月4日)には間に合わないかもしれません。

そして早くもトーア・ヘナーレ選手が代打出場を希望。

復帰時期や対戦カード変更などの発表があれば追記します、本当に残念…

関連:マイケル・エルガン復帰、3連戦!【新日本プロレス・2019年1月】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA