内藤哲也の「一歩踏み出す勇気」とロスインゴの新メンバー【新日本プロレス・2018年9月】

新日本プロレス・内藤哲也選手一歩踏み出す勇気の真意とロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの新メンバーについてご紹介。

スポンサーリンク

2018年9月17日、内藤哲也選手は別府大会のメインイベントを勝利で飾ると、試合後に一歩踏み出す勇気という言葉は現在のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにピッタリの言葉なんじゃないかなと意味有りげな言葉を残しました。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.9.17・ディストラクション IN 別府【第2試合まで無料】

L・I・Jの新展開を示唆した内藤哲也選手が、一歩踏み出す勇気という言葉の真意について自ら説明。

事実上のユニット改革宣言から真っ先に思い浮かぶのは勢力拡大、つまり新メンバー投入だ。真意を直撃すると「相変わらずせっかちな新聞だな。あの言葉を忘れたんですか?そう、トランキ…(以下略)」とけむに巻かれたが、この決断はヒロムの影響が大きい。
シリーズ開幕前、内藤はメキシコ「CMLL」に遠征した。最終日のオフのこと。ファンの少年に人違いで「カマイタチ(ヒロムの旧リングネーム)、写真を一緒に撮って」と言われ、仲間の存在感を強く認識した。同時に、最低でも年内復帰が絶望視されるヒロムを待つ間のあり方について考えるようになった。
俺自身、現状維持という言葉があまり好きじゃないっていうのもあるんだけど…。彼を迎え入れる時は欠場前のLIJよりも大きなLIJでありたいなと。だからもし、あなたたちの想像が当たっていてメンバーを増やすことがあるとすれば、それは決して“単なる欠員補充ではない”と覚えておいてほしいですね」(引用:東スポweb

長期欠場が見込まれる高橋ヒロム選手が復帰するまでに、さらにL・I・Jを大きなユニットにしたい。

関連:高橋ヒロムがIWGPジュニアヘビー級王座を返上【新日本プロレス・2018年8月】

そのために一歩踏み出す勇気を持って行動に移すつもりのようです。

またユニット拡大のために新メンバーが加わる場合は単なる欠員補充ではないということも強調。

ジェイ・リーサル選手やパニッシュメント・マルティネス選手のように一時的に組むわけではなく、正規メンバー、パレハとして迎え入れることになりそうです。

新メンバーの可能性が高いのは、パートナー不在のBUSHI選手と組むジュニアヘビー級の選手。

ネヴィル選手、鷹木信悟選手、ドラゴン・リー選手、見たい選手を挙げればキリがない。

いつどこで誰がL・I・Jに加入するのか、今後のL・I・Jの動向をお見逃しなく!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA