バーバー矢野、再び「油断してんじゃねぇバカヤロー!」【2011.6.18】

【新日本プロレス・振り返りNo.81】

今回は2011年6月18日の矢野通選手!

スポンサーリンク

IWGPインターコンチネンタル王座戦

〇[王者]MVP
レッグロール
クラッチホールド

vs

× 矢野通

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年6月18日・大阪府立体育会館大会、初代IWGPインターコンチネンタル王者のMVP選手の初防衛戦!

相手は初代王者決定トーナメント決勝戦で対戦した矢野通選手。

まずは矢野通選手からの握手にMVP選手も応じると、矢野通選手が握力勝負を挑むが返り討ちに。

MVP選手の力強い攻撃に対して、矢野通選手もクレバーな闘い方で応戦。

そしてコーナーマットを剥がしてからMVP選手を金具に叩きつけてヤノ!トー!ル!

しかしMVP選手もフロントスープレックスで形勢逆転してボーリンエルボー!

丸め込みの攻防になり、矢野通選手がレフェリーを巻き込もうとすると、海野レフェリーがビンタ、そのままジャーマンスープレックス3連発!

矢野通選手も雪崩式ブレーンバスター、さらに鬼殺しを決めるもカウント2!

最後は矢野通選手の逆さ押さえ込みを返したMVP選手がジャパニーズレッグロールクラッチホールドでフォールして勝利!

しかし試合後、敗れた矢野通選手はイス攻撃でノックアウトさせると、ハサミを手にしてMVP選手の編み込まれた髪を切り落としてしまった!

矢野「オイ、バカが!油断してんじゃねぇバカヤロー!俺の狙いが“ベルト獲り”だと思ってんのか?コノヤロー!オマエな、脳ミソおかしくなっちゃってんだバカヤロー!オイ!手始めだ、こんなものは。オマエのすべて奪ってやる、バカタレ!」(引用:新日本プロレス公式サイト

矢野通選手から2連勝のMVP選手だが、因縁の残る結果に終わってしまい、翌月に再びタイトルマッチを行うことに…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA