「ヤノ・トー・ルー!」誕生!【2011.1.4】

【新日本プロレス・振り返りNo.51】

今回はCHAOSの矢野通選手!

スポンサーリンク

ハードコアマッチ

〇 ロブ・ヴァン・ダムファイブスターフロッグスプラッシュ
vs

× 矢野通

2011年1月4日・レッスルキングダム5・東京ドーム大会、TNAからの刺客ロブ・ヴァン・ダム選手を迎え撃ったのは矢野通選手。

あらゆる凶器の使用が認められ、場外カウント無しのハードコアマッチルール。

関連:試合詳細(新日本プロレス公式サイト)

ロブ・ヴァン・ダム選手といえばもちろんRVDコール。

そしてこの試合で矢野通選手がパクって生まれたのがご存知「ヤノ・トー・ルー!」

この試合を機にヒール色の強かった矢野通選手に対して歓声が集まるようになり、現在のYTRにも繋がっていく。

もしこの日にロブ・ヴァン・ダム選手と対戦したのが矢野通選手でなければ、CHAOSのY・T・R的修学旅行も存在しなかったかもしれない…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA