棚橋弘至が5度目のIWGPヘビー級王座戴冠!【2011.1.4】

【新日本プロレス・振り返りNo.54】

今回は2011年1月4日の棚橋弘至選手と小島聡選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

×[王者]小島聡vs〇 棚橋弘至
ハイフライフロー

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年1月4日・レッスルキングダム5・東京ドーム大会、メインイベントのIWGPヘビー級王座戦はG1 CLIMAX20決勝戦の再戦!

小島聡選手に所属外選手として初のG1優勝を許してしまった棚橋弘至選手のリベンジマッチ。

棚橋弘至選手の序盤からのラリアット封じの右腕攻めが功を奏し、小島聡選手が正調ラリアットを決めるも3カウントは許さず。

そしてショートレンジラリアットを狙うと、棚橋弘至選手はドラゴンスープレックス、さらにまた小島聡選手がショートレンジラリアットにきたところを今度はドラゴンスープレックスホールドもカウント2!

棚橋弘至選手はコーナーに駆け上がりダイビングボディアタック、最後はハイフライフローで3カウント!

棚橋弘至選手がベルトを奪回、5度目のIWGPヘビー級王座戴冠。

リングでマイクを持った棚橋弘至選手は愛してまーす!!で東京ドーム大会を締めくりました。

この日が棚橋弘至選手のV11、6年連続東京ドーム大会メインイベントの記録の始まりの日。

試合後、棚橋弘至選手は改めて頼もしい言葉を残し、敗れた小島聡選手は今後についてコメント。

─小島選手からベルトを取り戻しました。新日本として取り戻した意味をどのように考えられますか?
棚橋「リング上でも言いましたけど、プロレス界は俺に任せてください。俺が引っ張っていきます。俺が切り開いて、プロレスのステージをより高い位置に持っていきます。それが俺が生まれてきた使命です
(中略)
─2010年新日本の中で突っ走ってきた小島選手ですけど、2011年走っていく道、どんな感じになりますか?
小島「今日は棚橋弘至の愛の深さと意地の深さに負けてしまったと思います。あいつはすげえ。すげえ深い。とてつもないプロレスラーだと感じました。本来ならこの5ヵ月間、俺のやりたいようにやってきて、やられてしまって、もしかしたら撤退っていうのもあるのかもしれないけど、悔しいけど俺はこの新日本に魅せられてしまった。新日本というプロレスのリングに虜になってしまった、この5ヵ月間で。だからまだ諦めないでやっていきたいと思うし、俺の居場所が少しでもあるなら、この新日本プロレスでやっていきたいと思います(引用:新日本プロレスリング公式サイト

2011年は文字通り棚橋弘至選手がプロレス界引っ張っていく1年となり、2012年の幕開けとともにまた新しい時代が始まることになる。

棚橋弘至選手はすでに岡田かずちか(当時)選手が1年後にどんな姿になるのか知っていのだろうか、今だからこそ色々と想像が膨らみますね…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA