シン・ブラザーズは落ちこぼれだった?【WWE・2017年10月】

WWE・SmackDown LIVE ジンダー・マハル選手と行動を共にするシン・ブラザーズについてご紹介。

スポンサーリンク

現・WWE王者ジンダー・マハル選手のお付きの者としてお馴染みのシン・ブラザーズ(サミル&スニル)。

WWE初登場は昨年2016年のWWEクルーザー級クラシックトーナメント、ガーブ・シラ、ハーブ・シラというリングネームで参戦。

その後、ボリウッド・ボーイズとしてダスティ・ローデス・タッグチーム・クラシックにも出場。

そして現在ではシン・ブラザーズとしてWWE・SmackDown LIVEの常連だが、WWE・NXTでコーチも務めていたTAJIRI選手によると、彼らは落ちこぼれだったとのこと。

僕はあの2人をコーチしたことがありますよと証言するのは同じく元WWEのスーパースター、TAJIRI選手(47)。今年1月から3月までWWEに再参戦したTAJIRIは、パフォーマンスセンター(フロリダ州オーランド)で兄弟に接したという。
僕が教えていた時、落ちこぼれのクラスがあって、その中にあの2人がいた。しかもケガばかりしていた。よくこんなビッグチャンスをつかんだなって。アイツら実力があったんですね(引用:東スポweb

シン・ブラザーズになる数カ月前まで落ちこぼれのクラスにいたなんて信じられない。

バトルグラウンド2017のパンジャビ・プリズンマッチでも体を張って盛り上げていましたし、いつどこで誰にスポットライトが当たるかは本当に分からないものですね。

2017年10月8日(日本時間10月9日)ヘル・イン・ア・セル2017のWWE王座戦、ジンダー・マハル選手と中邑真輔選手のタイトルマッチはシン・ブラザーズの一挙手一投足にも注目!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA