ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの日本にいるヘビー級は3人だけど…【新日本プロレス・2017年11月】

2017年11月18日に開幕する新日本プロレス・WORLD TAG LEAGUE 2017について考えてみた。

スポンサーリンク

2017年11月18日に開幕するWORLD TAG LEAGUE 2017は全19大会。

全20選手が参加したG1 CLIMAX27と同じ日数ということで、全20チームの参戦が予想されています。

そこでずっと気になっていたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(L・I・J)のタッグリーグについて考えてみた。

現在、L・I・Jの日本にいるヘビー級は3人、ルーシュ選手も合わせるとは4人。

内藤哲也EVIL
SANADAルーシュ

今年も昨年同様ルーシュ選手が来日できれば問題ないのですが、今年のCMLLは団体内の問題や地震が起きたため、難しいのではないかと個人的には思っています。

もし来日できなかった場合、ジュニアヘビー級のBUSHI選手と高橋ヒロム選手を除いて、誰がL・I・Jの一員としてタッグリーグに出場したら面白いだろうか。

制御不能という点で、SANADA選手のタッグパートナーにかつてのライバルであるKAI選手!と思いましたが、現在は全日本プロレスに参戦中のため難しい。

誰か面白い選手はいないだろうかと考えていたところ、以前にこんなタッグが存在していたことを発見。

当時無期限海外中でWUWライトヘビー級王者の渡辺高章選手と、新日本プロレス参戦以前のPOWジュニア王者だったデビッド・フィンレー選手。

ヤングライオンを卒業したもののテーマを見つけられないデビッド・フィンレー選手、そろそろ何か行動を起こしてもらいたいところ。

L・I・Jに合うかどうかはともかくとして、かつてのタッグがいつか再会するかもしれない…

オマケ!

チーズバーガー選手もあり?

スポンサーリンク


スポンサーリンク

「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの日本にいるヘビー級は3人だけど…【新日本プロレス・2017年11月】」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます!

      最近はワイルドですけど、来日当初とかも可愛かったですもんね。
      懐かしんでもらえたようでよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA