BOSJ17決勝の再戦、デヴィットvs飯伏!【2011.1.4】

【新日本プロレス・振り返りNo.52】

今回はプリンス・デヴィット(現:フィン・ベイラー)と飯伏幸太選手!

スポンサーリンク

IWGPジュニアヘビー級王座戦

〇 [王者] プリンス・
デヴィット
雪崩式
ブラディサンデー

vs

× 飯伏幸太

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年1月4日・レッスルキングダム5・東京ドーム大会、IWGPジュニアヘビー級王座戦はBEST OF THE SUPER Jr. X VII(ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア17)決勝の再戦!

飯伏幸太選手のIWGPジュニアヘビー級王座初挑戦となった一戦、リングサイドにケニー・オメガ選手、中澤マイケル選手ら多数のDDTのセコンドが来場。

BOSJ17決勝は終盤で飯伏幸太選手の左肩脱臼というアクシデントがあったが、東京ドームという大舞台では最初から最後までハイレベルな試合を披露。

いつ見ても飯伏幸太選手の素早く力強いスクールボーイスープレックスは魅力的。

フィニッシュは飯伏幸太選手がスワンダイブ式の雪崩式フランケンシュタイナーを狙ったところを、プリンス・デヴィット選手がキャッチして雪崩式ブラディサンデーで勝利、王座防衛!

この時代の新日ジュニアを引っ張ってきた二人が、約5年後にWWEで再会するなんて当時は思いもしなかった。

今度は二人がリング上で相見える日を楽しみにしています!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

「BOSJ17決勝の再戦、デヴィットvs飯伏!【2011.1.4】」への2件のフィードバック

  1. 懐かしいですね。この二人は幾多のシングルマッチをしましたが、これが個人的には一番好きな試合です。この日のドームでのベストバウトといってもいい試合だと思います。
    私もスクールボーイスープレックスは飯伏選手の技の中でベスト5に入る技です。何せ”本家”ですからね!(多分そうだったと……)飯伏選手のを見てラ・ソンブラ選手が必殺技に使ってたんですよね。(ムーンサルト・ムーンサルトも使ってましたし)
    出来れば日本で二人の再戦が見たい

    1. 私もスクールボーイスープレックスだけ何度も見直してしまったくらい好きです!
      ラ・ソンブラ選手も現時点ではNXTで期待されたほどの活躍が出来ていないので、いつかまた…というのはアリかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA