ケニー・オメガとCodyがバックステージで口論【追記】

新日本プロレス 2017.7.1(日本時間7月2日) G1 SPECIAL in USA アメリカ・ロサンゼルス大会の試合後、Cody(コーディ・ローデス)選手とケニー・オメガ選手が口論!

スポンサーリンク

メインイベントのIWGPヘビー級王座戦、オカダ・カズチカ選手に敗れたCody選手のバックステージの様子がコチラ!

BULLET CLUBのCody選手とケニー・オメガ選手が内輪揉め。

机をひっくり返したCody選手にケニー・オメガ選手が詰め寄る。

ヤングバックスの仲介で事態は一旦収まりましたが、今後の抗争に繋がる可能性大。

試合前のCody選手は「バレットクラブ内部の争いはない」と言っていたのに…

これがキッカケになり、ケニー・オメガ選手がBULLET CLUB追放、飯伏幸太選手とゴールデン☆ラヴァーズ再結成というのは安易な予想ですが、何が起きるのか楽しみにしておきましょう。

バックステージの言葉が外道選手のマイクと被ってしまい、ほとんど聞こえないのは残念ですが、詳細が分かり次第またお伝えします!

《追記》
“”ここでCodyがコメントブースのテーブルをひっくり返す。そして、ケニーの「話し合おう!」という呼びかけを無視して、怒りの形相で立ち去った。“”(引用:新日本プロレス公式サイト

本日のアメリカ大会2日目でBULLET CLUBに何かが起きる予感…

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA