パンジャビ・プリズン・マッチって?【追記】

WWE 2017.7.23 バトルグラウンド(Battleground)2017で行われるパンジャビ・プリズン・マッチ(Punjabi Prison Match)をご紹介。

スポンサーリンク

バトルグラウンド2017のWWE王座戦、チャンピオンのジンダー・マハル選手は、ランディ・オートン選手のリマッチ要求を呑む代わりに、試合形式をパンジャビ・プリズン・マッチに決定!

パンジャビ・プリズン・マッチが約10年ぶりに実現!

WWEは、2007年10月7日のバティスタ選手とグレート・カリ選手のパンジャビ・プリズン・マッチのハイライト映像を公開!

《追記》
2006年7月23日のジ・アンダーテイカー選手vsビッグ・ショー選手のパンジャビ・プリズン・マッチも公開!

2重の竹の柵で囲われた牢獄の中から先に脱出した選手が勝利というルール。

ハッキリ言って見づらい、というか現地のWWEユニバースはリング内で何が起きているのか全く見えなくないですか?

フィニッシュは会場も盛り上がっているが、動画で見てしまうと何とも言い難い…

竹の柵から降りている途中でRKO、同体でドローのため王座防衛、大ダメージで動けないジンダー・マハル選手を見て、バロン・コービン選手がキャッシュインという絵が浮かびました。

パンジャブ・プリズン・マッチどんな決着を見るのか、バトルグラウンド2017は日本時間7月24日!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA