鈴木みのる「体重?階級?その時点で、差別があるじゃないか。」で思い出した、内藤哲也「プロレスは…」

新日本プロレス 2017.6.26 KIZUNA ROAD2017 後楽園ホール大会の鈴木みのる選手の試合後コメントをご紹介。

スポンサーリンク

鈴木みのる選手はNEVER無差別級王座戦でYOSHI-HASHI選手に勝利、2度目の防衛に成功!

#SUZUKI vs #YOSHIHASHI !! #njkizuna #njpw http://sp.njpw.jp

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

ドロップキックが決まった瞬間、静止画で見るとまるでアントニオ猪木さんの延髄切り。

元々は若手の底上げのために生まれたこのベルト。

4年以上の時を経て、こんな絵が見れるベルトになるとは、きっとNEVER無差別級王座の提唱者である内藤哲也選手も予想していなかったでしょうね。

そして昨日、鈴木みのる選手はNEVER無差別王座のベルトについてコメント。

“”お前が『俺と闘いたい』って言ったら、いますぐやってやるよ。(※他の記者に)お前が『やりたい』っつったら、いますぐできるんだよ。無差別とは、そういうことだ。差別がないということだ。体重?階級?その時点で、差別があるじゃないか。誰でもいい。かかって来んかい。獲り来ないんだったら、俺はホントに次に行くぞ。『G1』と、そしてその先……(※天井を指さし)あっちの方“”(引用:新日本プロレス公式サイト

実現するかはともかく、チャンピオンがこう言っているのだから、ヤングライオンでも、ジュニアでも、どんどん声を上げてもらいたい。

そして何より、内藤選手がよく言っていたプロレスは身長で競うものじゃない、体重で競うものじゃない、キャリアで競うものじゃないという言葉と重なるものがある。

棚橋弘至選手にとってIWGPインターコンチネンタル王座が残された宿題ならば、内藤選手にとってはNEVER無差別王座こそ大きな宿題。

かつての本隊の期待の若手じゃない、現在のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤選手がま・ず・は・NEVERのベルトなんて言い出したらたまらないですよね!

内藤選手の「次の目標」はジュニア転向も面白いなんて書きましたが、間違っていました、次の目標はNEVER無差別王座でお願いします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA