棚橋弘至、IWGPヘビー&インターコンチの2冠を目指す!

新日本プロレス・IWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至選手が掲げるタイトル戦線のプランをご紹介。

スポンサーリンク

新IWGPインターコンチネンタル王者となった棚橋弘至選手が、王者による挑戦者指名に続き、新たなプランを発表!

“”「もう一つは飛び道具なんですが、IC王者でありながらIWGPも目指したい。決してステップにするわけではないけど、ICを巻いてるから他を目指せないわけではない」””(引用:東スポWeb

棚橋選手の目標は、2011年にIWGPインターコンチネタル王座IWGPインターコンチネンタル王座が設立されて以来、まだ誰も成し遂げていないIWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座の2冠王者!

2015年には後藤洋央紀選手が統一戦構想を掲げたが、結局IWGPヘビー級王者とIWGPインターコンチネンタル王者によるタイトルマッチは実現しなかった。

そのためにも、来月2日のビリー・ガン選手とのタイトルマッチに勝利し、来月17日から開幕する G1 CLIMAX27 でIWGPヘビー級王座に挑戦するに相応しい成績を残さなければならない。

険しい道のりになりそうですが、史上初の偉業を成し遂げることが出来るのか、しっかりと注目していこうと思います!

それからもうひとつ、チャンピオンとして棚橋選手に期待しているのはベルト新調。

G1 CLIMAX27 出場選手発表のVTRでは真新しい白いベルトが使用されていたが、いま現在のベルトは壊れすぎて当時とは変わり果てた姿になってしまった。

いくらキレイに修理しても、割れてしまったいたりしてどうにもならない部分がある。

G1 開幕戦では、棚橋弘至選手のデザインによって新しく生まれ変わったIWGPインターコンチネンタル王座のベルトがお披露目されることを期待しています!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA