鈴木軍、「次」は誰?

新日本プロレス 2017.6.3 BEST OF THE SUPER Jr.24 国立代々木競技場・第二体育館大会の鈴木みのる選手の試合後コメントをご紹介。

スポンサーリンク

新日本プロレス 2017.6.11 DOMINION 大阪城ホール大会、NEVER無差別級王座戦で後藤洋央紀選手を迎え撃つ鈴木みのる選手。

NEVER OPEN WEIGHT CHAMPION
#MinoruSUZUKI !! #njdominion #SUZUKIGUN

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

しかし、すでに鈴木選手の目は「次」に向いている模様。

“”さぁ、後藤。最後の最終通告だ。テメェ、大阪で俺に負けたら、目の前から消えろ。二度と俺の前に立つな。わかるか?俺にはまだやることがあるんだ。テメェになんかかまってらんねぇんだよ。次、行くぞ、次。“”(引用:新日本プロレス公式サイトより)

そもそも鈴木軍が新日本プロレスに再び侵攻したのはお宝=ベルトのため。

「次」というのは、次のお宝=ベルトと考えるのが自然。

「次」のベルトを狙うのは誰だろうかと考えた時、今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア24を見たら、期待したくなってしまう選手がひとり。

2017年に入ってから鈴木軍で唯一新日本プロレスのベルトに挑戦していないエル・デスペラード選手!

奇しくもエル・デスペラード選手はBOSJ公式戦終了後に次だ次と、ボスである鈴木選手と同じ言葉を残している。

鈴木選手は視野の広いレスラーなので、鈴木軍メンバーの中で誰が「次」のお宝に近いのかしっかりと考えているはず。

エル・デスペラード選手はIWGPジュニアヘビー級王座に関して、“”ボスから「行け」って言われたら迷わず俺が行く“”KAMINOGE vol.63で明かしている。

大阪城ホール大会、鈴木選手がNEVER無差別級王座を防衛したら「次」は何が待っているのか、鈴木軍の今後の動向にも注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA